「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

473, 生きた化石,ロイヤルエンフィールド

 生きた化石・・・。その代表は古代魚シーラカンスです。
約6500万年前(中生代白亜紀末)に絶滅したと思われていましたが、
南アフリカにて1938年、現生種の存在が確認され、話題と成りました。
バイク界にも似たような経歴を持つバイクがあります。
その名はロイヤル・エンフィールド ブレットです。
1949年、英国に生まれ、その特徴は今では当たり前の構造、スイング・アームを持つ事でした。
b0076232_15341859.jpg

b0076232_15361976.jpg

そのシステムと共に非常に強力なシングルエンジンは特に1950年代に販売されていた
500ccモデルは、数え切れないほどのレースで勝利を収めることができました。
この事により、BULLETは世界的認知をものとするようになり、世界中より
数多くの注文が殺到するに至りました。 
・・・とここまでは当たり前の興隆劇ですが戦後の日本製のバイクの台頭が
運命を変えました。
1970年 英国のROYAL ENFIELD本社はに日本製バイクの流入の前に倒産しましたが
BULLETの生産は止まりませんでした。 本国の本社は潰れても、
インドサテライト工場が生き残りました。 (1954年~2009年?)
軍用バイクの分野で絶大な支持があったのです。
b0076232_1671463.jpg

見た目は旧式なバイクですが単気筒のトルクフルな特性を生かして
レーサーとしても一流の性能を誇りました。
b0076232_16191957.jpg

b0076232_1621974.jpg

[PR]
by SS992 | 2009-06-09 15:19 | 憧れだった美女達