「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

497. MVアグスタのダブルシートレール・フレーム

 MVアグスタの初期車両は他に類を見ない不思議なフレームを使っていました。

MVアグスタ 150 ラピッド・スポーツ 155cc
b0076232_1214134.jpg

150ラピッド・スポーツ 後部フレーム
b0076232_1224571.jpg

フレーム単体写真 シングル・バックボーンながら後部シートレールと前部ダウンチューブは2本に別れています。
特に後部シートレールは他社に比べ、一回り太い物が使われていました。
b0076232_1233726.jpg

これは当時のバイクは今のと異なり、前輪荷重型では無く後輪荷重型だったため、シートレールを補強する必要があったと考えられます。

MV125TEL 125cc 実用車
b0076232_1214477.jpg

MV175ディスコ・ボランテ 175cc ガソリンタンクが円盤?型です。
b0076232_12172852.jpg

MV250 250cc  排気量が多くなっても構成は変りません
b0076232_12213487.jpg

ただし、エンジンを支える前部ダウンチューブは太い1本パイプに変りました。
MV350 ネイキッド 350cc
b0076232_1222519.jpg

350ccに排気量が拡大しても前部ダウンチューブは1本なのでダブル・クレードルからダイアモンド型
変化したと言えます。
MV350 フルカウル 350cc
b0076232_12235274.jpg

この後、バイクがどんどん前輪荷重型に進化してゆくに連れ、
MVも通常のダブル・クレードルやダイヤモンド型のフレームに変って行きました。
[PR]
by SS992 | 2009-08-06 11:58 | 憧れだった美女達