「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

522.ブリティッシュ・カフェ・レーサー(5) ロイヤル・ヴィンセント

 全てのバイクマニアに神の如く崇められるバイクがあります。 
その名はロイヤル・ヴィンセント ブラック・シャドウ、スタイルは一見、旧式ですが
その構成は斬新で、飛行機を除けば、当時、世界最速の乗り物でした。
b0076232_15312291.jpg

エンジンを剛性メンバーに、モノ・ショック・サスペンション等、とても1955年に作られたとは思えないバイクです。
時代を先取りし過ぎた訳ではないでしょうが、やはり、日本製バイクに押されて歴史の波に飲まれて行きました。
 しかし、その性能を惜しむ人々は何とか復活しようと試みました。

ブラック・ライトニング     スタンダード
b0076232_12482378.jpg

これは米国でヴィンセントを蘇らせようとした試みの一つですが、エンジンはあろうことか、
HONDAの水冷Vツインです。  
エキゾースト・パイプの取り回しは美しいのですが、取って付けた様なラジエターはいけません。
大幅にデザインのバランスを崩しています
2004年の時点で年間3,000台を生産した様ですが、その後、ヴィンセントの名を聞く事はありませんでした。
 会社としての復活は成功していませんが、コンプリート・バイクとしての復活する試みは幾つかの成功を
生んでいます。
エグリ・ヴィンセント
b0076232_16274756.jpg

ヘイルウッド・ヴィンセント・ノービンスタイル カフェ・レーサー
b0076232_16384149.jpg

b0076232_16385786.jpg

ヘイルウッド・ヴィンセント・エグリ・スタイル カフェ・レーサー
b0076232_16412686.jpg

b0076232_16422062.jpg

あのマイク・ザ・バイク、マイク・ヘイルウッドの息子が経営する会社が販売する新車です。
残念ながらエグリ・ヴィンセントを名乗る事は出来ませんが、作るバイクは一流です。
このあたりの事情は339~341の記事で説明しているのでそちらを参考にして下さい。

正統 エグリ・ビンセント パトリック・ゴテ製作
b0076232_19153723.jpg

b0076232_1916684.jpg

ヘイルウッドヴィンセント・エグリスタイルにしろ、エグリ・ヴィンセントにしろ、
オリジナルが消えて、カフェ・レーサーだけが残ったのです。
[PR]
by SS992 | 2009-10-26 15:31 | 憧れだった美女達