「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

540.250cc 単気筒バイクの普及

 1980年代に入ると比較的、小排気量の単気筒バイクが各社より発表されました。
b0076232_16143976.jpg

SRX250は小排気量車では珍しかった本格的ダブル・クレードル・フレームを持っていました。
b0076232_1615361.jpg

NZ250油冷を小排気量車に取り入れた珍しい例でした。
中でもCBX250SCBX125Fのエンジンを250ccにスケール・アップした物でした。
b0076232_1616401.jpg

同じフレームに2倍の排気量を持つエンジンを積んだのですからその性能向上は素晴らしいものでした。
こうした単気筒の小排気量、高性能バイクは軽くて扱い易かったのですが、反面、ビギナー・バイク、
安物バイク
といった不本意な扱いを受け、バイクの本流から消えていきました。
今もその傾向は変りません。
高性能単気筒バイクはもはや生み出されないのでしょうか?
だとしたらとても残念な事です。
[PR]
by SS992 | 2009-11-27 11:10 | 憧れだった美女達