「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

579. 世界GP と Moto GP (1)   Moto GPマシン

 今、世界最高峰のレース Moto GP は 4st のレーサーのみが参加しています。

HONDA RC212V 2010年 V4エンジン搭載
b0076232_1505886.jpg

YAMAHA YZRM1 2010年 直4エンジン搭載
b0076232_15145228.jpg

SUZUKI GSV-R 2010年  V4エンジン搭載
b0076232_15173141.jpg

DUCATI DS(デスモセディッチ) GP10 2010年 L4エンジン搭載
b0076232_1519578.jpg

aprilia RS CUBE  2004年 直3エンジン搭載 2005年以降撤退
b0076232_1810596.jpg

 
参加しているメーカーもkawasakiが2009年までは出場していました。

Kawasaki ZXーRR 2007年 直4エンジン搭載 2009年以降撤退
b0076232_21077.jpg

今のMotoGPは800ccが上限の排気量ですが2002年の開始年から2006年までは
990cc
が上限でした。

 これは世界GPは500ccが上限でしたが出場していたマシンが全部 2stだった為、
4st 化するにあたり、500ccのままでは出力が不足すると考えられたからです。
ホンダのRC211VなどV型5気筒と言う前代見聞のエンジンを積んでいました。
その結果、各社とも200馬力を超える出力を絞りだしました。
990ccでも出力が大きすぎてしまったのです。

早速、800ccまで排気量は減らされましたが 200馬力を超える出力は少し減っただけでした。

世界GPの時代は参加しているマシンのほとんどが2stのマシンでした。
次回は世界GPの終焉を 取り上げます。
[PR]
by SS992 | 2010-04-24 15:01 | レース