「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

626. バイクの宝石 ビモータ (2) 挫折と中興

 1983年、マッシモ・タンブリーニがビモータを去り、ドゥカッティから来たフェデリコ・マルティーニ
b0076232_13594033.jpg

ビモータ社のチーフ・エンジニアとなりました。

彼は部下のピエール・ルイジ・マルコーニを支援して、革新的試作車 テージ(論文)を
発表、話題を浚いました。

マルコーニは大学時代から前輪のセンター・ハブ・ステアリングの研究を行っていたのです。

マルティーニはこの研究の将来性に大いなる発展を感じた物と思われます。

 試作車 Tesi (HONDA VF400の他、数種類のエンジン搭載車があった様です。)
b0076232_13512845.jpg

前方のサスペンションもスイングアーム化し、センターハブ・ステアリングが出来る設計でした。 

しかし、この試作車の完成度が高すぎた為に市販間近との噂が広がり、噂は既存車種の買い控えを招いて
しまい、財政が悪化、1984年にはイタリア政府の管理下に置かれる事になってしまいました。

しかし、1985年、やっとエンジン単体の供給がドゥカッティ社から行われる事になり、DB-1を発表、
コストパフォーマンスの高さから高い評価を受け、経営危機を脱する事が出来ました。

 DB-1 (1985年)
b0076232_2120334.jpg

そして、1986年にはヤマハとのエンジン供給契約を結ぶ事に成功しました。

それまで日本車のエンジンはバイク事、購入してエンジンのみを使用すると言う非効率な事をしなければ
ならなかったのですが、それもヤマハ車に限ってはエンジン単体での購入が出来る様になったのです。

 YB系バイク一覧

 YB-1 (1974~1975年 水冷2st TZ250,350用のフレーム)
b0076232_1225794.jpg

 YB-2 (1974~1975年?水冷2st TZ250,350用のフレーム)
b0076232_16524048.jpg

 YB-3 (1980年、ヤマハ市販レーサーTZ350のエンジンを積み、WGP350ccクラスで優勝)
b0076232_11445458.jpg

 YB-4R (1987年、エンジンFZ750 TTF-1世界選手権に初参戦、3勝してタイトル獲得)
b0076232_2172280.jpg

 YB-4E.1. (1988年、エンジンFZ750 、YB-4Rの公道走行版 )
b0076232_21462855.jpg

 YB5 ファルゴーレ (1987~1988年、HB2のフレームにFJ1200のエンジンを搭載)
b0076232_10133573.jpg

 YB6 (1988~1990年、YB4のフレームにFZR1200のエンジンを搭載)
b0076232_1230535.jpg

 YB7 (1988~1989年、YB4のフレームにFZR400のエンジンを搭載)
b0076232_164414100.jpg

 YB8 (1990~1993年、YB4のフレームにFZR1000のエンジンを搭載)
b0076232_14532098.jpg

 YB9、YB9SR (1990~1998年、YB7のフレームにFZR600Rのエンジンを搭載)
  YB9 ベラーリア(ベラーリアはタンデム走行を前提に作られていました。)
b0076232_144018.jpg

 YB9SR
b0076232_14415453.jpg

 YB10 (1991~1993年、FZR1000のエンジンをYB8のフレームに搭載)
b0076232_11121164.jpg

 YB11 (1996~1998年、YZF1000Rサンダーエースのエンジンを搭載)
b0076232_144892.jpg

YB系の製品はほぼ同じフレームを使い続けました。
(YB7とYB9はエンジンが小ぶりなので別設計です。)  この項続く。

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2010-10-28 21:00 | 憧れだった美女達