「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

634.ドウカッティに見るカウル付きモデルの興亡(2) パンタ系レーサー・レプリカ

 1978年、ドゥカッティはエンジンのバルブ駆動方式をベベル・ギアからコグド・ベルトに変えました。 

 500SLパンタ (1978年)
b0076232_7284898.jpg

当時、この500SLに対応するレーサーはありませんでしたが、このモデルはハーフ・カウルを纏っていました。

ドゥカッティと言えばレーシーなモデルを販売する会社とのイメージを大切にしたかったのでしょう。

ほどなくパンタ系のレーサーが活躍し始めます。

 パンタ・レーシング (1973年までにTT-F2クラスで4年連続優勝を飾りました。)
b0076232_7375056.jpg

そして、そのレプリカとして登場したのがパンタF1でした。
 
 パンタF1 (1978年)
b0076232_7411131.jpg

750スポルトはパンタF1の発展型として登場しました。
 750スポルト (1988年)
b0076232_1828858.jpg

つまり最初、750スポルトは最上位モデルだったのです。

しかし、ドゥカッティが世界スーパー・バイク選手権に出場する為に新機種、(851に始まる
一連の水冷Lツイン4バルブ・デスモ装備モデル)を上市すると750スポルトは普及モデルになりました。

 851 (1988年)
b0076232_18583799.jpg

ここに、ドゥカッティの本来のレーサー・レプリカたる水冷4バルブ・モデル
スポーツ走行を楽しむための空冷2バルブ・モデルの2路線が出来上がりました。

そしてカウルの装備は、ドゥカッティのバイクである事のアイデンティティになりました。
                                                    (この項続く
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2010-11-29 21:00 | 憧れだった美女達