「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

642.ドゥカッティに見るカウル付きモデルの興亡(10)SBバイクの行く末

 ドゥカッティは現在モトGPで活躍していますが、SBの方は2010年で撤退する予定です。

 モトGP10 デスモセディッチ  (2010年)
b0076232_10563767.jpg

 SB1098レーサー (2007年)
b0076232_10584717.jpg

今現在、ドゥカッティSBレーサーのレプリカを上市していますが
モトGPレーサーのレプリカは用意していません。

過去にはほんの僅かの量のレプリカが販売されましたが高価で一般には手の出ない物でした。

 デスモセッディチRR (L型4気筒、990cc 2007年)
b0076232_1161981.jpg

従ってこのまま行くと本物の無いレプリカが販売され続ける事になります。

しかし、レースをその存在意義として来たドゥカッティがこのままで終わるとは思えません。

必ずやモトGPレプリカの販売か、SBレースへの復帰をしてくれると思います。

そして、伝統の空冷Lツインは一般道ユースを前提としたモンスターとして存続する事でしょう。

 モンスターM1100 (2009年)
b0076232_14102510.jpg

SSは廃版となりましたが、その魂はミャクミャクと受け継がれて行くのです。

来年も良いお年を!
 
                                                    
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2010-12-31 21:00 | 憧れだった美女達