「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

658.重さのないマシン?エア・クールド999

 現在、ドカティ最上級モデルはスーパー・バイク・レプリカの1198ですが
それ以前は999(2003年~2006年)でした。

当然、1198はもちろん、999も水冷4バルブのエンジンを積んでいます。

 999 (999cc)
b0076232_84535.jpg

しかし、ドカティにはモンスターをはじめとする空冷2バルブのエンジンを積むグループもあります。

 ハイパーモータード (1100cc)
b0076232_8461393.jpg

 999の高剛性のフレームに更に排気量が大きく、軽量の空冷2バルブのエンジンを積んでみたら
どうなるか、それを実践したのが、999のフレームにハイパー・モタードの1100ccエンジンを積んだ
エア・クールド999です。

 エア・クールド999
b0076232_85621100.jpg

このマシンはただ999の車体にハイパー・モタードの1100ccエンジンを積んだだけではありません。

外形的に特徴的なのはスイング・アームが片持ち式になっている事と排気管が2-1の別体
なっていることです。

この変更はこのマシンの印象を999でもハイパー・モタードでもない全く別の物にする事に成功しています。

ですが、特にスイング・アームの片持ち化作業を更に難しいものとしました。

リア・サスペンションの構成を変更するのはおろか、リア・ショック自体の構造をも変更せざるを得なかったのです。

フレーム加工も必要になりました。
b0076232_945122.jpg

ここまで手を入れたら性能も向上しなければ意味がありません。
b0076232_1021242.jpg

ドカティ・パフォーマンス製のカムを入れ、ミッションは999の物を使っています。

見えない所ですが、燃調マイクロテック製のフルコンでセッティングしてあります。

ピストンハイコンプピスタル・レーシング製の物を入れています。

雑誌のサーキットでの試乗で特徴的だったのは取り回しの良さと加速性の良さだった様です。

空冷エンジンは水冷エンジンに比べて圧倒的に軽く、加速、減速やコーナリング時に重さを感じない
だそうです。

車体は空冷モデルより剛性の高い999ですから、レーサー的な乗り方をしてもビクともしません

まるでエンジンを積んでいないかの様な乗り味だったと言います。
b0076232_1021771.jpg

水冷顔負けのポテンシャル安心して開けられる空冷エンジンの特性を持ち、がっしりした車体は、
コーナリング・アベレージを高めてもしっかりしたフィーリングを保ち続けます。

空冷エンジンの大らかさと軽さ、水冷シャーシの剛性感が組み合わさった感じだったそうです。

999より1100ccと排気量が約100ccも増えているのに重量は逆に軽くなっているのですから、
当然、と言えば当然でしょう。

ドカティ・フリークにはたまらないスティエーションです。

しかし、ここまでやるには相当な覚悟一番必要な事なのかもしれません。


 (クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-02-25 21:00 | 憧れだった美女達