「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

659.帰って来たライム・グリ-ン (1) カワサキのモトGP参戦

 2002年世界GPモトGPに変り、2stの500cクラスは4stの990ccクラスに変りました。

この大幅なレギュレーション変更ドカティカワサキなど世界GPに
出場していなかったメーカーの参加を促し、レース界は一時に活気を帯びました。

モトGPはスーパー・バイクや耐久レースと異なり、その出場車両は既存の販売車両のチューン・アップ版が
禁止
であり、専用車両の開発が不可欠でした。

HONDAYAMAHASUZUKI世界GPを戦ってきた膨大なノウハウがあり、ドカティ
スーパー・バイクの常勝メーカーとしてやはり膨大なノウハウを貯えていました

ひとりカワサキだけが世界GPでのノウハウが少なく、スーパー・バイクのノウハウも多くないと言う不利な
状況
を強いられました。

しかし、出場すると決めた以上、新しいマシンを開発せざるをえません。

そこで、カワサキは2000年のスーパー・バイクで好成績を残したZX-7RRをベースにモトGP用のマシンを
開発する事にしました。

 ZX-77RR (2000年式)
b0076232_15432415.jpg

モトGPは2002年からの開始でしたが、約20年ぶりとなる世界最高峰クラスへのフル参戦にカワサキは
2002年開発に専念する事とし、本格的参戦は2003年からになりました。

 ZX-RR (2002年式)
b0076232_1673628.jpg

b0076232_168390.jpg

カワサキは量産車やスーパー・バイクでの経験を活かせる直4エンジンとアルミ・ツイン・スパーフレームと言う組み合わせを選びました。                                     (この項続く
                                                                  (クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-03-01 21:00 | レース