「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

663.孤高の挑戦者 (2) モンスターS4改での参戦

 2003年、ラ・ベレッツァ雑誌ライダーズクラブのプロデューサー根本 健 氏,編集長タケタズ 氏
仕掛けによって、全くレーサーにはほど遠いドカティ モンスターS4での出場を決めました。

水冷のS4はそこそこの馬力こそありましたが、とてもレーサーと言える代物では有りませんでした

 DUCATI モンスターS4 (2001年式 ST系フレーム S・B 916エンジン 916cc 101ps)
b0076232_21292153.jpg


 ラ・ベレッツァ モンスターS4改 (2003年~2005年)
b0076232_21311396.jpg

b0076232_2131353.jpg

もちろん、見えない部分のチューン・アップも進んでいますが、ここまで外観が変る
もはやモンスターS4とは言えません。 
フレームにのみ、僅かにモンスターの面影が残っています。)

(そのフレームも多分、見えない所に補強が入っていると考えられます。)

前回、ラ・ベレッツァ鈴鹿八耐参加理由として走る実験室からのフィード・バックをあげましたが、
モンスターS4改での参加にはもう一つ大きな理由があったと考えられます。

それは走る広告塔です。

まるっきり勝機のない勝負に真っ向から挑んで行く・・・

日本人なら誰しもが血湧き肉踊るシュチエーションです。

それが雑誌と言うメディアで全国展開されるのですから、これほど、ラ・ベレッツァの名を広めるのに
有効な場面は無かったのです。

もちろん、そのためには有る程度の結果を残せる力量が無ければなりません。

2003年の初出場時には主催者推薦枠ではありますが決勝に進出し、43位完走と言う結果を残しました。

残念ながら2004年は予選が通過出来ず2005年は142ラップで未完走扱いになってしまいました。

やはり、純粋なロードバイクであるモンスターでは如何に馬力があってもレースを続けるのには無理が
あるとラ・ベレッツァは判断したのでしょう。

2006年からは、またドカティのトップ・エンドモデルモディファイに戻っていきました。

 DUCATI 999R 
b0076232_743172.jpg

2006年、主催者推薦枠で決勝進出、決勝は136ラップで未完走扱い
2007年、自力で決勝進出173ラップ、57位
2008年、予選落ち 
2009年、決勝進出、転倒しながらも151ラップ、42位完走。

マシンをモンスターS4からスーパー・バイク999Rに変えても結果は大して変りませんでした。

そこで2010年にはマシンを最新型の1098Rに変更しました。

                                                                                                                      ( この項続く )

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-03-29 21:00 | レース