「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

684.ツイン・エンジンの可能性 (7) 驚異の2St SUZUKI T500 

 SUZUKI T500 について、私には特別な思い出があるのでもう少し語らせていただきます

1968年、HONDA CB450が発表された事に脅威を感じたSUZUKIはそれまでのトップ・モデル、
T250大きく超える新型車,T500を発表しました。

 SUZUKI T250 ( 1967年式 空冷2St ピストン・バルブ247cc 30.5hp/8000rpm )
b0076232_182522.jpg


 SUZUKI T500 (1968年式 空冷2St ピストン・バルブ2気筒 47hp/6500rpm )
b0076232_17484030.jpg

大排気量の2St車に懐疑的だった、当時の欧米の技術者達はその性能と姿に驚愕しました。

実は以前にも述べましたが、SUZKI T500 は、私の父の愛車でもありました。

その燦然と輝くオレンジ色の巨体は私と父の誇りでした。

アクセル一捻りであっと言う間に別次元の世界へ連れて行ってくれる魔法の乗り物でもありました。
b0076232_18182311.jpg

当時、4stでは500~650ccは決して珍しいバイクではありませんでしたが、
2Stでは500cc存在しない大排気量でした。

同じ排気量なら2st4stの2倍の出力が期待出来ました。

一般人が乗る市販車にあまり高性能を与え過ぎると危険と判断した社会の要請で50hp以下に出力を
抑えられていましたが、レースでは遠慮は無用でした。
( 初期型は最高出力68hp/7800rpmを記録しました。)

1970年、マン島T・Tプロダクション500ccクラスに出場、優勝したタイタン(T500)
b0076232_18354593.jpg

しかし、当時のSUZUKIのマシンはハンドリングが悪く、常勝と言うわけには行きませんでした。

また、1969年にはHONDA CB750K0 が発表され、国産最高性能の座からも引き摺り降ろされて
しまいました。

そして、SUZUKI2Stではありましたが、大排気量マシンを開発しました。

 SUZUKI GT750 ( 1971年式 水冷2stピストンバルブ並列3気筒 排気量738cc )
b0076232_19145984.jpg

( 動力性能 67ps/6500rpm 7.7kgm/5500rpm 車重214kg )

そして1977年には4Stの多気筒、大排気量車を発表しました。

 SUZUKI GS1000 (1978年式 空冷4StDOHC 8バルブ 4気筒 497cc 90hp/8200rpm 233kg )
b0076232_2103767.jpg

このバイクはヨシムラの手でチューンされ、1978年の第1回鈴鹿八耐勝利を飾りました。
ポップ吉村はレーサーらしからぬ過剰品質だと文句をつけたようですが・・・。)

こうしてSUZUKIもまた4St多気筒バイクの開発に大きく舵を切ったのです。


                                                     ( この項続く )

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-06-28 21:00 | お世話になったお姉様達