「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

694.ツイン・エンジンの可能性 (13) 砂漠を走る耕運機 HONDA NXR

 NXRパリ・ダカール・ラリーで王座を取ったBMWのオン・オフ車に対抗するためにHONDAが初めて
造ったオン・オフ車のワークス・マシンです。

 BMWワークスマシン ( 1985年 優勝車 1000cc 水平対向2気筒エンジン )
b0076232_9143652.jpg

 HONDA NXR ( 1986年 優勝車 780cc )
b0076232_19464825.jpg

巨大なガソリンタンクがカウルと一体になったユニークなマシンでした。

 HONDA NXR ( 1988年 優勝車 780cc )
b0076232_18173954.jpg

そしてその外見以上にユニークだったのはそのエンジンでした。

それまでオフ車と言えば単気筒なのが当たり前でしたが、BMWは得意のボクサー・ツイン
高速走行ステージでの得点を稼ぎました。

HRC(ホンダ・レーシング)はフランス・ホンダの悲鳴に近い要請を受けてBMWに勝てるワークス・マシン
設計したのです。

しかし、ボクサー・ツインBMWに一日の長があります。

かといってHONDA得意の多気筒マシン(特に4気筒)は重くてオフ車には向きません

2気筒順当と言う事になりましたが、90°Vツイン一次振動は消去出来るものの、エンジンの外形
大きくてかさみ、車体に積み難いのでパスされ、パラレル・ツイン高回転化出来る180°クランク振動
出て、バランサーが必要なので極力軽量化したいオフ車には向きませんでした。

しかし、当時、HONDAでは迎え角20°と言う極端な狭角Vツインの研究中に本来、1本のクランク・ピン
2本にして、少しずらすと90°Vツインの時の様に一次振動が取れると言う事を発見していました。

これが前回紹介した位相クランク技術です。

BMW1000ccもあるのでHONDA軽量化を狙い、回転を上げる事で馬力を稼ぐ事を考えました。

しかし、パリ・ダカの過酷さを考えると極端な高回転エンジン耐久性に疑問が持たれました。

すなわち、耕運機の如きエンジンが良いと言う事になり、結局、780ccと言う排気量が選ばれました。

この排気量位相クランクの技術を適合すると迎角45°と言うハーレー並みの狭角Vツインが誕生しました。

しかもこの45°狭角Vツイン一次振動が無いのです。

 NXR 用 水冷 V2 780cc エンジン
b0076232_21241591.jpg

b0076232_21243398.jpg

ただ、狭角Vツインとするため、ボアを少なめにしてストローク量を多目にしたこのエンジンは本来のレース用高回転・高出力型エンジンには成りえませんでした。

それでも、単気筒車より、高回転を実現出来たのでフランス・ホンダの要求、ダートでの160km/h巡航
実現する事が出来ました。

そして1986年から1989年まで4連勝したのです。


                                                    ( この項続く

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
             
[PR]
by SS992 | 2011-07-28 21:00 | レース