「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

696.ヴィンセントの後を追うものたち (1) 仮面を被った駿馬

 英国の名車ヴィンセントについては今まで何度と無く取り上げてきました。

現在のコンストラクターであるフリッツ・エグリパトリック・ゴテの活躍は前に取り上げました。

 エグリ・ヴィンセント ( フリッツ・エグリ作 )
b0076232_18172336.jpg

 エグリ・ヴィンセント ( パトリック・ゴテ作 )
b0076232_18193841.jpg

どちらもヴィンセントの名声を継ぐ物として相応しい作品群です。

しかし、オリジナル・ヴィンセントと彼等の作品には大きな違いが幾つかあります。

 ヴィンセント ブラック・シャドウ ( 1949年式 空冷OHV 2バルブVツイン 1000cc )
b0076232_19293297.jpg

それは前後サスペンションの構造です。
b0076232_1930135.jpg

前部はオリジナルではガードロリック・フォークエグリ・ビンセントではテレスコピックフォークが使用されていました。

ガードロリック・フォークはより古いガーター・フォークに似ていますが、実は当時の
テレスコピック・フォークの剛性不足を補うためにヴィンセントが開発したものでした。

もちろん今では倒立フォークもあり、テレスコピック・フォークで不足を感じることは少ないと思いますが
今から約60年も前にテレスコピック・フォークを超える装備をしていたとは驚きです。

また、リア・ショックもヤマハが開発したモノクロス・サスペンションと殆ど同じ機構を持っていました。

そしてヴィンセント ブラックシャドウ のもう一つの特徴、フレームレスかと言うほどフレームがミニマムな点は
エグリ・ビンセントでも再現されていますが二本ショックを支持するためにシート・レール
付加されていてオリジナルから遠ざかってしまいました。( クラシカルな雰囲気を求めたのかも? )

こうした違いを嫌うものの、更に高性能化したヴィンセント ブラックシャドウを求めた人がいました。

スイスのヒューゴ・パルメラーです。
b0076232_1103993.jpg


彼はヴィンセントのレストアに関して豊富な知識と経験を持っていました。

そしてそれを生かしてもともと1000ccだったブラックシャドウを1200ccに強化する事に成功したのです。

 1200cc ブラックシャドウ 
b0076232_19544255.jpg

外見だけではこれが1200ccもの排気量を持つ事はわかりません。

 ブラックシャドウ1950年代から1960年代後半HONDA CB750K0 が登場するまで、
世界最速の市販バイクの名を欲しいままにしましたが、1200cc版はそのブラックシャドウを
アクセル一捻りで置き去りに出来るのです。

最高出力 オリジナル 55bhp/5700rpm
       1200cc  65bhp

と、10bhpの差があります。

しかも、1200cc版はトルクも太いのでギアもハイ・ギアードに設定できるのでオリジナルを置き去りにする
と言う爽快な走りが可能になったのです。

b0076232_1114032.jpg

b0076232_20321198.jpg

正に仮面を被った駿馬です。

しかし、世の中には更に過激な人達がいました。

次回は更に進化したヴィンセントを紹介します。

                                                        (この項続く)



(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-08-05 21:00 | 憧れだった美女達