「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

711.空冷Lツインへの憧憬 (7) SS系への進化

 レーサー・レプリカから脱却した空冷Lツイン・モデルは最初750S(スポーツ)と呼ばれました。

 DUCATI 750S(スポーツ) (1988年式 空冷Lツイン750cc)
b0076232_13471161.jpg

パンタ系SS系の大きな違いはエンジンのレイアウトでした。
b0076232_14251098.jpg

パンタ系前後のシリンダーが両方とも後方吸気、前方排気なのに比べ、
SS系では前シリンダーが後方吸気、前方排気後シリンダーが前方吸気、後方排気になっていて
Vバンク内側キャブレター纏めて配置出来る様に変りました。

これによって大容量のエア・クリーナー・ボックスの配置も可能になりました。

ベベル系以来、DUCATIスポーツ・バイクはエア・クリーナー・ボックスを持たず
ファンネルにメッシュカバーが掛けられている程度でした。

それがエアクリーナー・ボックスを付けられる様になったので安心してエンジンを廻せる様になったのです。

この後、750S900SS(スーパー・スポーツ)に進化しました。

 DUCATI 900SS (1989年式 空冷Lツイン900cc)
b0076232_14475867.jpg

この時代のDUCATI 900SSはレーサー・レプリカではなくなっていたものの、その乗り味はスパルタン
そのもので誰でも乗れるバイクでは無かったようです。
                                                     (この項続く
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-10-06 21:00 | 憧れだった美女達