「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

番外編 巨星落つ!クラウディオ・カスティリオーニ 氏 往く

 MVアグスタの元CEO、クラウディオ・カスティリオーニ 氏 が2011年8月17日永眠されました。
b0076232_8135237.jpg

享年64歳、ご冥福をお祈り致します

氏はカジバ創設者の息子として生まれ、その生涯をバイク会社経営に捧げてきました。

1978年アエロ・マッキ社買収に始まり、1985年にはDUCATIを買収、傘下に収めました。

1986年にはハクスバーナのオートバイ部門を買収し、1992年にはMVアグスタの商標権
手に入れました。

1999年にはDUCATIを売却せざるを得なくなったものの、F4セリエオロの発売によりMVアグスタの復活に成功し、カジバはMVアグスタのブランドに成りました。

 MVアグスタ F4 セリエオロ (1999年式 水冷4気筒 750cc)
b0076232_8171368.jpg

(今でこそF4は1000ccありますが当時、氏や相棒のタンブリーニ氏は750ccで充分だと言っていました。)
b0076232_8282457.jpg

 DUCATI スーパー・バイク・レーサー 916 (1994年 水冷Lツイン 916cc)
b0076232_12425844.jpg

そのMVアグスタ経営不振で一時期ハーレーに買収されましたが、ハーレー自体も経営が悪化し、
2010年、MVアグスタは氏の下に帰ってきました。
b0076232_8225975.jpg

氏がどれほどバイクを、MVアグスタ F4 を愛していたかを物語るエピソードがあります。

1999年4月20日夜イタリアのモンツァMVアグスタ F4 の発表会が開かれました。

そして翌日は試乗会、しかし、天候はあいにくの雨模様でした。

そのため、は突然、試乗会は中止だ!と言い出したのです。

確かに雨天での走行は危険を伴いますが、プレス関係者は世界中からこのためだけに来ているのです

雨で試乗会が中止になるなど前代未聞の事、喧々囂々の騒動になりかけました。

氏にとっては愛するF4が泥をかぶる事の方がよほどの重要問題だったのです。

結局、氏は折れて散々使ったテスト車両なら、但しゆっくりと走れば・・・と言う条件でOKを出したのです。
b0076232_8442389.jpg

ここまで来るとバイク愛もわがままと紙一重ですが氏にとってはそんな事はどうでも良かったのかも
しれません。

氏のまいた情熱の種は氏が今まで売ったバイクの数だけあります。

きっと氏の開いた道は綿々と受け継がれ、その扉は絶える事なく開かれ続ける事でしょう。
[PR]
by SS992 | 2011-09-28 08:23 | アイサツ