「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

731.DUCATI GP12はどうなる? (1) 誕生と栄光

 オートバイ・レースの最高峰が2st天下の世界GPから4st主導のMotoGPに変った2002年、DUCATI
MotoGP参戦を表明し、レーサーのプロトタイプを発表しました。

そして2003年からフル参戦をし、かつ緒戦からトプ争いをする実力を見せました。

 DUCATI デスモセディッチ GP3 (2003年式 990cc)
b0076232_1254326.jpg

このレーサーは他社がアルミ・ツイン・スパー・フレームを使用する中、ただ一社、
エンジンを車体の一部として活用、メイン・フレームを持たない独自の構造を誇りました。

 DUCATI デスモセディッチRR (2007年式? 990cc)
b0076232_1331198.jpg

これはMotoGPレプリカですが、フレームの構成はほとんど同じです。

エンジンを中心に直接スイング・アームが生え、前方のステアリング・ヘッドエンジンから直接
生えたトラス・フレーム
で保持されていました。
b0076232_13172189.jpg

このあと2006年まで990cc時代が続きますが、DUCATIは今一歩のところで結果を出せず、
800ccに排気量が変った2007年まで苦しみました。

 2007年、果てしなく増えてゆくMotoGPマシンの出力IMFはMotoGpの最大排気量を990ccから
800ccに減らしてレースの安全を確保しようとしました。

各社、その変更に即座に対応しましたが、DUCATIのマシンはその中でもバランスが良く、この2007年
コンストラクターズ・タイトル、チーム・タイトル、ライダーズ・タイトルの三冠を独占しました。

 DUCATI GP7 (2007年式 800cc)
b0076232_13561969.jpg

ヒーローはケーシー・ストーナー、若きオージー・ライダーでした。
b0076232_13563747.jpg

タバコの広告が禁止されたのでスポンサーのマールボロのロゴバー・コード表示で行われました。
                                                        (ヤラレマシタ!!)

2008年DUCATIとストナーはついに栄光のゼッケン1を付けました。
b0076232_1475963.jpg

b0076232_16133263.jpg
 
この年はヤマハの追い上げが激しく、コンストラクターズ・タイトル2位、ライダーズ・タイトル2位
終わりました。

                                                    (この項続く
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-12-21 20:50 | レース