「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

733.DUCATI GP12はどうなる? (3) 新たなる挑戦

 2011年DUCATIのMotoGPチームにとって新しい試みの年でした。

2012年からMotoGPマシンの排気量の上限が1000ccに変るからです。


2011年の ラウンド1 カタール戦ではまだ2010年式のマイナー・チェンジでしたが、

 DUCATI デスモセディッチ GP11 (2011年式 800cc Rd1 カタール戦)
b0076232_1756963.jpg

GP9からのカーボン・フレームに加えGP10からはスイング・アームもカーボン製になっています。


ラウンド7、オランダ戦からは1000ccのGP12用シャーシを投入しました。

 DUCATIデスモセディッチGP11 (2011年式 800cc Rd7 オランダ戦)
b0076232_1823798.jpg

GP11はまだ800ccで戦われますが、シャーシだけは1000cc用を用い、エンジンは1000ccを800ccに
縮小したものを用いて先行開発を行った様です。

MotoGPレースでは使いませんでしたが、欧州で繰り返し行っている1000ccマシンのテストでは
他社も用いているツイン・スパー・フレームもテストした様です。
b0076232_8175513.jpg


また、ラウンド14 アラゴン戦からはカーボン・フレームをやめ、アルミ製フレームに変りました。

 DUCATI デスモセディッチ GP11 (2011年式 800cc Rd14 アラゴン戦)
b0076232_18374581.jpg

横からでは判りませんがフレームは確かにアルミ製に変っています。
b0076232_18242045.jpg

カウルを剥いだ画像が無いので1199パニガーレの予想画像を載せておきます。
b0076232_18285222.jpg

ちょうど新アルミ製フレームもこんな感じだと思われます。

そしてまるでアルミ・ツインスパー・フレームの様なバーが側面にあります。
b0076232_1849273.jpg

ただし、このバーはスイング・アーム・ピポットには繋がっていません
b0076232_1853593.jpg

私はこのアルミ製フレームは最終的にはカーボン製の物に変えられると思っています。

カーボン・フレームは製作に時間が掛るのでその欠点を補うためのアルミ・フレームなのです。

また補強バーがあるのもアルミ・フレームでは不足する剛性を補うためと考えます。

そしてこの補強バーを使いこなすノウハウを手にしておけばカーボン・フレーム使用時にも剛性を自由に
コントロールする事
が出来ます。

単純なアルミ・ツイン・スパー・フレームもテストはしている様ですが、私はあくまでカーボン・フレームが
本命
と考えます。

1199パニガーレの予想図にカーボン・フレームの物がありましたが、これが目標形態でしょう。
b0076232_19141710.jpg

早く2012年のシーズンになって1000ccのデスモセディッチGP12の姿を見たいものです。
                                                         (この項了
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-12-29 20:50 | レース