「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

747. MVアグスタF3 3気筒の幻想

2012.7.31 記事修正

 MVアグスタF3が本格的に日本に上陸しました。

 MVアグスタF3 ( 2012年式 )
b0076232_17592878.jpg

b0076232_17595692.jpg


F4750cc~1000ccと排気量が大きく、気筒数も4気筒でしたが、

 MVアグスタF4 ( 2010年式 )
b0076232_1861429.jpg


今度のF3675cc中間排気量になっただけでなく、3気筒になったのが、大きな特徴です。

 MVアグスタF3 エンジン
b0076232_18102738.jpg


MVアグスタはHONDAと並んでマルチ(多気筒)・レーサーのメーカーでした。

 MVアグスタ 4気筒 レーサー (500cc)
b0076232_18312416.jpg


しかし、その本領を発揮したのは500cc、3気筒レーサーでした。
b0076232_18341775.jpg

b0076232_18342866.jpg


HONDA高回転・高出力を求めてどんどん多気筒化を進めていったのに対し、
MVアグスタは闇雲な多気筒化による重量増大とその結果、表れるハンドリングの悪化を嫌い、
レースが行われるコースに応じて3気筒と4気筒を使い分けると言う柔軟さを見せました。

すなわち、ハンドリングが重視されるテクニカル・コースには3気筒を、馬力が必要な高速コースには
4気筒を、 と、使い別けたのです。

この結果、HONDAWGPから一時、撤退していた時期MVアグスタは自らが撤退するまで無敵でした。
(MVアグスタの撤退は1961年、HONDAの撤退は1968年で、MVアグスタの撤退の方が先でした。)

WGPの最高峰500ccでしたから、私としてはF3の排気量は500ccにして欲しかったところですが、

 MVアグスタ 500-3 ( SS992の私的バーチャル・カスタム )
b0076232_19161363.jpg


他のメーカーとの競合を考えると675ccという排気量の選択は致し方なかったところです。

b0076232_18584585.jpg

細部に目を向けてみると F4譲りのトリレス・フレームイタリアン・バイクである事を強烈に
主張しています。
b0076232_1905786.jpg


シートはタンデムで出来るダブル・シートが装着されていますが、その形態はシート・ストッパーが付いた
シングル・シート風の秀逸なデザインが施されています。
b0076232_1963076.jpg


また、3気筒である事を主張するマフラーはスラッシュ・カットされた排気口を持ち、その形も短く、それでいて
優美な曲線を持つ逸品です。

 MVアグスタF3・・・このバイクが152万円で販売されるのは驚きです。
b0076232_19132096.jpg


(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )

[PR]
by SS992 | 2012-07-25 21:00 | 憧れだった美女達