「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

77. ビモータの興亡ー2

 ビモータの倒産理由はテージ1Dの売れ行き不振ではなかった事が判ったので

再度報告します。

確かにテージ1Dの売れ行きは芳しいものでは有りませんでした。

そこで早々に撤退し、初心に戻る意味も込めてdb-2を開発、販売しました。

また、もう一つ、ヒット作がありました。SB-6です。
b0076232_13373271.jpg

SB6-R スイングアームピボットとステアリングが一直線に結ばれているのが特徴。

b0076232_14264186.jpg

 db-2ファイナルエディション

これ等はそこそこ受け入れられた様でビモータの経営も持ち直しました。

ただこの後に無謀にも2stの経験が少ないにも関わらずGPレーサーそれも

500cc に手を出し、とうとうマシンを作れずビモータは倒産しました。
b0076232_2023218.jpg

500V-due 排気管の取り回しなどとても手馴れているとは言えません。

その後カジバの後援を受け、再出発しました。

そして再起第一号にはやはり伝統のdb系が選ばれました。

要はDUCATIのエンジンを積むって事です。空冷1,000DSエンジンが選ばれました。

これは今までのビモータがDUCATIのエンジンを選択する際SS系のエンジンを

選んでいた事を踏襲したに過ぎません。

出来たバイクはdb-5(フルカウル),db-6(ネイキッド)です。

b0076232_1542318.jpg

b0076232_14531430.jpg

       db-5

あいも変わらずツインスパーフレームのトラス化ですがスイングアームの構成

注目に値します。

b0076232_15441335.jpg

db-6


デザインはモンスター系よりは良いですがGT-1000には

コストパフォーマンス的な面で負けている気がします。

スイングアームの構成に新しさを感じるのでビモータの将来に

少しは期待したいと思います。

   db-5,6 のスイングアーム
b0076232_13424742.jpg

従来は全溶接でトラス構造にアームを組み上げていたがdb-5,6ではアルミブロックを

有効に活用して溶接を簡素化する事に成功している。

古巣を訪ねたタンブリーニもこの方式は絶賛したと言う。
[PR]
by SS992 | 2006-10-20 14:12 | 憧れだった美女達