「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

90. DUCATIの先端機種の移り変わりと現状

 2007年のスーパーバイクのレギュレーションも決まらない内に

DUCATIはSBKR1098を出してきました。
b0076232_22364038.jpg

そのデザインについて日本のネット上では非難轟々の声が渦巻いています。

でもDUCATIのデザインが優れているのはライダーズクラブ2007年1月号に

述べられている通りレースで実績をあげたからであってデザイン単体は

初期のイモラレプリカは別ですがパンタF1、水冷時代の851から888

まで純粋デザイン的に特に優れたものではなかったと思います。

イモラレプリカ750SS                    パンタ F1
b0076232_21461086.jpg

SMC 900TT1                      MHR 900


851 トリコロール                  851 ストラーダ
b0076232_222729.jpg

 851 ストラーダ                       888


しかし、タンブリーニ氏が916を出した事によって事情は大きく変わりました。

SBKレプリカはスペックは当然、デザインも「あっ」と驚くインパクトを求められる様に

なったのです。

916 ストラーダ                    999R
b0076232_2318168.jpg

テルブランチ氏はこの点、見事に成功したと言えると思います。

少なくとも目玉が縦に2つ並んだ鯛のような顔はインパクト以外の

何者でもありませんでした。ただ不幸なことに999の売れ行きは

芳しいものではありませんでした。

このため2007年SBKレプリカ1089は重い十字架を背負わされたのでした。

1098                           1098 トリコロール
b0076232_21542593.jpg

[PR]
by SS992 | 2006-11-30 22:11 | 憧れだった美女達