「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

100. DUCATIの魂は無限!!

私の拙いBLOGもついに100回を迎える事が出来ました。
これはひとえに本気でコメントを下さった方々のおかげです。  
正直、コメントが入らないとやめたくなります。  
でもバイクが猫(動物)がそしてDUCATIが私にBLOGを続けさせました。
コメントを下さった方々、共々にお礼を申し上げます。

と、固い話は終わり。2004年に行われた「夢のドウカティ」デザイン・コンテストから

DUCATIが何故、ここまで支持されるのか見て行きたいと思います。

まずはノン・バイク部門 バイク以外のDUCATI製品のプレゼンテーション。

ドカティ・ハート(DSMO人工心臓)ノン・バイク部門総合優勝 スティーブ・ガマー(イギリス)
b0076232_3455555.jpg
デスモ付き
人工心臓

あまりの
大胆さ
声を失いました。
が、人工心臓
そのものは
実用化してる
様です?
DUCATI製の
人工心臓
デスモ付きは
全くの夢では
ない様です?


DUCATI
「DUCATIの
エッセンスを全て
備えている。
プレゼンも
優秀だ。
」と
べた褒めです。








DSMOプレーン            GP水中翼艇         DUCATIファミリー・バイク
b0076232_4231272.jpg

DUCATI・ベビーカー          D・レディハイヒール       鉄馬ならぬ骨馬

優勝を逸した作品群も発想が素晴らしいものばかりでした。(上の6作品は一例です。)

さて、肝心のバイク部門はどうでしょうか。

新空冷ドカティ(R&D特別賞ザニボニ氏・イタリア) S2 Braida(会長特別賞テジオ氏・イタリア)
b0076232_4402110.jpg

バイク部門総合優勝            ブラウク氏・ドイツ
フラット・レッド
b0076232_459629.jpg

比較的に平凡なデザインが多い中、この3点が特に光っていました。

新空冷ドカティ は直ぐにでも製造・販売出来そうな完成度です。

S2 Braida は驚くほど凝集感があり、今までのドカにない感性です。

総合優勝したフラット・レッド はドカのホット・ロッド。 やられた!と言う感じです。

しかもブラウク氏は試作機を製作中との事。その情熱に頭が下がります。

このような情熱DUCATIは支えられています。

今までもそして、これからもずっと永遠に。
b0076232_1742272.jpg

[PR]
by SS992 | 2006-12-08 03:41 | アイサツ