「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

165.再びフレーム考(TRIDENT T-160)

1968年にデビューしたBSA/トライアンフは日本製バイクに追い詰められた

大英帝国製モーターサイクルの最後の輝きの一つだと思います。
b0076232_15352130.jpg

販売では成功しなかった70年代の英国車ですがレースシーンでは連戦連勝を誇りました。

破ったレーサーの中にはDOHC4バルブのGPレーサーもあります。
b0076232_15371153.jpg

レーサーは市販車と異なるフレームを持っていました。 ロブ・ノースフレームと言う

ノートンフェザーベッドの進化型のフレームをもっていたのです。
b0076232_162146.jpg

MVアグスタ500のシーリーフレームに似ていますがMVにはアンダーループがありません。
b0076232_1954541.jpg

T-160にはアンダーループがあります。  シーリーフレームと同様、

ステアリングヘッドとスイングアームピポットをほぼ直線に結ぶ構造は変わりません。

この方式はしだいに模倣され世界標準になりました。
b0076232_1643829.jpg

ノートンフェザーベッドのオリジナル形態(DUCATI)は下の写真の様なものでした。
b0076232_1692974.jpg

とてもこれが進化して生まれた形?とは思えません。

やはり、ロブ・ノースシーリーフレームを改良したと考えるのが自然でしょう。
b0076232_165518.jpg

色々へ理屈捏ねましたが乗ってみたい一台です。
[PR]
by SS992 | 2007-03-19 14:47 | 憧れだった美女達