「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

167.大英帝国の残光

さしもの大英帝国も戦雲に巻き込まれ、大きく衰退しようとしていました。

しかし最後の残光の様にノートンは光輝いていました。

ノートン・アトラス ES2 500    (1947)
b0076232_1418826.jpg

小ぶりのメッキタンクが輝く宝石の様です。

この時代のノートンはミッション(変速機)がエンジンと別体なのが特徴でした。

ノートン・マンクス 500       (1956)
b0076232_14282362.jpg

エンジンの直下から真後ろへベルトが伸びています。  これがエンジンで発生した動力を

減速機ユニットに伝えるベルトです。

ノートン ドミレーサー 750    (1962)  
b0076232_14355741.jpg

上の写真ではむき出しでしたが実際にこの様なカバーが着きます。

ノートン・アトラス11
b0076232_1445587.jpg

レースでも英国車の活躍は続きました。

しかし、この後米国市場を巡って国産4社との熾烈な戦いが始まったのです。
[PR]
by SS992 | 2007-03-22 14:18 | 憧れだった美女達