「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

169.ロケットカウル・・・皆好きですよね?

ベロセット=ベノム  ベース カフェレーサー
b0076232_1051987.jpg

初期のカフェレーサーにはロケットカウルは無かったと考えられます。

結構手のかかる改造で素人の手に余ると思われるからです。

でも人よりよりカッコよくしたいのは人情。

お金のある人から自車にカウルをつけるようになりました。

BSA B50GPレーサー
b0076232_10441036.jpg

最初はフルカウルの人も多かったと聞きます。

しかし空冷のバイクしかなかったのでその冷却確保や走行中の転倒や立ちゴケに

しだいに上半分だけのハーフカウル状態が標準となりました。

BMWカフェレーサー(珍しい!)
b0076232_13494079.jpg

重厚な感じがたまりません!

またこの頃になるとメーカー純正のロケットカウル車も出で来ます。
ラベルダ750SFC
b0076232_110012.jpg

HONDA GB400TT-Mk2
b0076232_1102517.jpg

ただポジションまでいじっていないと折角ロケットカウルをつけても

何だか商用車みたいになる場合もありました。

今はそのあたりの理解も広まり、個人カスタム メーカー純正にしろ

ポジションはキツイ前傾が当たり前になりました。

YAMAHA ルネッサ250=ベースカフェ
b0076232_1193797.jpg

SUZUKI グース350=ベースカフェ
b0076232_1195982.jpg

DUCATI モンスターS2R=ベースカフェ
b0076232_11102132.jpg

DUCATI  S-1000s (純正)
b0076232_11111886.jpg

ロケットカウル・・・。

それはかっこつけるにはそれなりの苦労とお金が必要・・・と言う典型です。
[PR]
by SS992 | 2007-03-27 10:51 | メカ談義