「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

213.スペック至上主義を考える (HONDA)

1983 MVX250 (MC09) 500ccワークスマシンと同じ3気筒です。
b0076232_841850.jpg

これを出しておいたので本格的レプリカNS250Rを開発する時間が稼げました。

1984 NS250R (MC11) ファン待望のフルパワーマシンでした。
b0076232_9291428.jpg

ただエンジンはピストンリードバルブVツイン、
フレームはアルミでしたがダブルクレードルとやや旧式でした。

1986 NS250R (MC11) ロスマンズカラー (チャンピオンカラー)
b0076232_939560.jpg


1986 NSR250R(MC18) やっと本命の登場です。
b0076232_11491923.jpg

目の字断面フレーム、水冷2stクランクケースリードバルブ90°V型エンジンをダイアモンド型に搭載。

1988 NSR250R(MC18)
b0076232_11523827.jpg

早くもモデルチェンジ
異型五角形断面のフレームを持ち、シリーズ中もっともレーサーに近い剛性をもちますが
反面、一般人には運転しづらく、部分的に剛性を落とす方向で改良されました。

同時期活躍していたNSR250R(レーサー)
b0076232_1424640.jpg

b0076232_1441829.jpg


1988 NSR250RSP(MC18) SP発売
b0076232_11531464.jpg


1989 NSR250RSP(MC18) SPマイナーチェンジ
b0076232_11191748.jpg


1990 NSR250R(MC21) モデルチェンジ ガルアーム導入
b0076232_11401380.jpg


1990 NSR250RSP(MC21) SP発売
b0076232_11552794.jpg


1992 NSR250R(MC21) カラー変更のみ
b0076232_11583464.jpg


1993 NSR250RSE(MC28) モデルチェンジ R,SE,SPを発売
b0076232_12531643.jpg

これよりプロアームが採用され片もち式となりました。 また出力も自主規制に合わせて
40hp/9,000rpm, 3.3kgm/8,500rpm に落とされました。

1995 NSR250RSP(MC28) カラー変更のみ
b0076232_1254969.jpg


1996 NSR250RSP(MC28) カラー変更のみ
b0076232_12552426.jpg

HONDAは最後まで倒立フォークの採用はしませんでした。
CBR900RRなどではサッサと採用したのにレースには不利なんでしょうか?
それともコスト的な問題があるのかもしれません。
[PR]
by SS992 | 2007-05-19 08:41 | 憧れだった美女達