「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

223.シーリー・ノートンへの憧憬

シーリー・ノートン 750
b0076232_1321135.jpg

英国車には表と裏があります。(こちらが裏です。)
b0076232_13211897.jpg

トライントンなど他社エンジンに積み替えたノートンが結構あります。
なかにはメグトン(エンジンをメグロにした珍品)なんてのも・・・。
b0076232_8414485.jpg

旧車ですからコンマ・・・秒を目を吊り上げて追っかける訳ではありませんが
こうしたフレーム→ノートン,エンジン他社の作品を見るにつけノートンのエンジンって
そんなに悪いのかなあ?と疑問を抱きました。

ある時トライントンの出来たいきさつを知りました。
4輪レース用に大量のノートンエンジンがフェーザーベッドフレームから下ろされエンジンなしのノートンがズラリと並んだ事があったそうです。

そのフレームにトライアンフのエンジンを積んだところ真に相性がいい!
それでトライントンが生まれ、他の余ったフレームにも色々のエンジンを積んで再生。
余ったフレームはたちまちなくなったそうです。

と言うことはエンジンは何も悪くないどころか軽量・高出力を買われて
4輪にまで進出していたと言うこと!

ノートンのエンジンをこんどはシーリーフレームに積む・・・(Clabman誌が実施。)
旧車ファンにはなんて贅沢な試みと写った事でしょう。 
でも一度乗ってみたいと痛烈に思います。

シーリー・マンクス 30M 500cc
b0076232_8333125.jpg

[PR]
by SS992 | 2007-07-03 05:51 | 憧れだった美女達