「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

239.英国レーサーは長・短距離兼用?

223.で シーリー・ノートンを紹介しましたが、ノートンにはスマートなタンクと
ゴツイ大型のタンクが着いているものがあります。

そして大型のタンクの着いている車体には大抵、マンクスの名が着いています。
ははあ、マン・島TT(ツーリスト・トロフィー)のレプリカなんだな。
標高差の激しい60.7kmを走りきるには大型タンクが必要なんだ。と理解してました。

しかし流石は英国人。 彼らは同じマシンで長距離レースでも短距離レースでも出れる様、
タンクを積み替えられる構造にしていたのです。

MANX30M500 2態 この2台は同じ車両です。
b0076232_14322.jpg

上が マン島TT用大型タンク仕様   下が ショートトラックレース仕様

タンクは金属のバンドやゴムのバンドで止められていました。
b0076232_14119100.jpg

でもシーリー・フレームに積む時はその方式は何故かやめた様です。
シーリー・MANX 30M 500
b0076232_14162934.jpg

疾駆する シーリー・MANX 30M 500
b0076232_14171967.jpg

一度乗ってみたいものです。
[PR]
by SS992 | 2007-07-18 13:32 | 憧れだった美女達