「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

240.ソバカスのあるオバQ?水中メガネを着けたトラ?

CBR900RR(SC28 1992)     この愛嬌のあるソバカス顔のオバQの様な顔に
b0076232_7473548.jpg
覚えがある人は相当経験の長いライダーです。
今のリッターバイクでかつスーパースポーツと言うある意味矛盾したカテゴリーを確立した価値ある一台でもあります。
バイクジャーナリストの第一人者辻 司をして魔物と言わせしめた傑作・・・。 
2stのNSR250をピュンと走らせる感覚で、トルクは10倍・・・。   確かにおとなしい外観とは
うらはらな魔物です。


b0076232_8182446.jpg

b0076232_8241355.jpg

実力と外観があまりにもかけはなれていた事にライダー側から不満が出たのでしょうか
1994年のモデルチェンジで獰猛な猛獣をイメージしたタイガーアイと呼ばれるヘッドライトが
装備されました。
CBR900RR(SC33 1998)
b0076232_845167.jpg

b0076232_634408.jpg
しかし、このヘッドライト、
写真ではそれほど目立たないのですがまるで金魚蜂が
ヘッドライトの代わりに着いてるんじゃないかと思うほど
巨大なレンズが着いてました。
その巨大さは笑うしかない!
水中メガネを掛けたトラ?と言いたい物でした。
もっともそこまでやったからカッコ良く獰猛さも出たといえるのですが・・・。
b0076232_6531024.jpg

CBR1000RR(BC-SC57 2004)
b0076232_924922.jpg

今は1000ccまで排気量が拡大されCBR1000RRに成っていますが、
辻氏によれば上記の98年型でCBR900RRシリーズは終わりだそうです。
YAMAHAYZF-R1に対抗するブランニューは名前こそ同じCBR900RRでも中身は別物だからだそうです。 魔物だった時代のCBR900RR(SC28初代)乗ってみたかったです。

CBR929RR(SC44 2000)
b0076232_973778.jpg

CBR900RRのツボ
b0076232_1941459.jpg

このは操縦性の軽快さ&りニアリティ向上の為の空力装備ですが
これが無いCBR900RRは私には考えられません。   
ソバカス娘こそCBR900RRなのです。
2000年型から以降はこれが消えています。 辻氏も私と同意見なのでしょうか。
[PR]
by SS992 | 2007-07-21 07:53 | 憧れだった美女達