「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

254,今も昔もMVアグスタ・・・でも昔は苦労が多かった。

今、憧れのバイクと言ったらMVアグスタF4(312)と言う人が凄く多いと思います。
b0076232_4434115.jpg

でも昔からMVアグスタはGP最強のバイクとして皆の憬れの的でした。

500 クワトロ
b0076232_4473691.jpg

エンジンなどやたら旧式感が漂いますが実力はピカ一でした。
b0076232_4513228.jpg

蒸気機関の様な外観のエンジン・・・。でも当時最強でした。
b0076232_501053.jpg

b0076232_54821.jpg

颯爽と走るMVクワトロ・・・。
b0076232_510493.jpg

でも待って下さい。 カウルの一部が接地しています。(カウルが凹んでいます。)
b0076232_510261.jpg

これが4気筒ゆえ幅の広いMVクアトロの泣き所でした。
バンク角が稼げないのです。 
重心が上がるのを覚悟でエンジンの搭載位置を上げていましたがそれでも不足でした。 

また、ブレーキも冷却不足で直ぐにフェードが始まり、乗り難いことこの上ない状態でしたが
50年代のGPマシンは皆このブレーキ問題に悩まされていたのです。

しかし、ライダー達はそんな状況下でも結果をださねばなりませんでした。
ジョン・サーティースはコーナーで後輪をドリフトさせてバンク角を減らしました。

60年代にはスズキのヒュー・アンダースンが70年代にはDUCATIのポール・スマート
ハングオフの技術を開発・リファインさせて行きました。

ジョン・サーティースなどはコーナーの縁石まで使っていたのです。
彼はリアステアのテクニックを50年前、このマシンで開発したのでした。
[PR]
by SS992 | 2007-09-05 04:37 | 憧れだった美女達