「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

295.ヤマハ・シングルの変遷 ティグラフト SZR686

ティグクラフト SZR686       舌かみそ~っ
b0076232_19223544.jpg

通常のベルガルダヤマハSZR660よりボアが2mm拡大されています。

b0076232_19582933.jpg
第1世代
SR500
空冷 OHC
2バルブ

400ccにこそ
なりましたが
今も健在です。
ライダーの
選択基準が
性能だけでは
ない事を
証明しました。

第2世代
SRX600
空冷 OHC
4バルブ



スポーツする
シングルを
目指し、それは
ある程度、
成功しましたが
大きなジャンル
にはならず、
残念ながら
他のロード・スポーツに吸収されて行きました。


第3世代
ティグクラフト SZR686     水冷OHC5バルブ
b0076232_19593759.jpg

水冷、アルミボックスフレーム、異径2連装FCRキャブ、重武装した軽快感のないシングル・・・。
新しい風を求め、欧州では成功しましたが結局、SRを越える事は出来ませんでした。

この記事はまだ20世紀の雑誌を元にしています。
このあたりから大排気量モタードの流行の兆しがあったと私は見ます。
多少の軽快感の喪失には目を瞑り、大排気量によるパンチやダシュ力
求める・・・今の傾向そのものです。
しかし、それにしても大気汚染対策の為にSRまでインジェクション化される時代が
来ようとは思いませんでした。
シングルの未来・・・。と言うより内燃機関の命運はもう尽きようとしているのでしょうか?
[PR]
by SS992 | 2007-10-19 19:19 | 憧れだった美女達