「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

339.ヴィンセントとエグリ・ヴィンセントの違い!?

これは以前、No.237で紹介した
ダンヒルが広告用に作らせたエグリ・ヴィンセント ニックアシュレイ・カスタム (1000cc)です。
b0076232_1129415.jpg

もちろん、一品ものですから1千万円に届こうと言う金額が掛かってしまいました。
b0076232_11343748.jpg

b0076232_11363562.jpg

当然、エンジンに火が入る事は無いだろうと思っていました。
ところがダンヒル車とほぼ同じ車両の走行写真を見つけました。
b0076232_11473134.jpg

しかも私の好きなロケットカウル付きの上、これはレストア品ではなく、新品です。
ヴィンセント社は1955年12月にその偉大な生涯を閉じています。 
(最近、米国資本で復活しましたが・・・。 No.253)ではどうして?

エグリ・ヴィンセント・レーサー (1967)
b0076232_15294798.jpg

エグリ・ホンダCB450  (1970)
b0076232_153249.jpg

エグリ社はビモータの様なコンストラクターなのです。(だからエグリ・ホンダなども存在します。)
但し、エグリ・ヴィンセントはヴィンセント社がもうないのでそのVツインユニットはレプリカであるばかりではなく、数々の改良を施した新1330ccユニットです。
b0076232_1413852.jpg

艶かしい曲線を描くマフラー,対照的に細いシートフレーム,(涎もんです。)

もともとスイスのレーサー兼設計者だったフリッツ・エグリが製作者でしたが、
今はヴィンセントの魂が乗り移ったかの様な天才、パットリック・ゴデ(仏)がエグリから正式の許可を受けてエグリ・ヴィンセントを作っています。
b0076232_1654218.jpg

ゴデに対するエグリの評価は高く、自分より良いバイクを作る!とまで評価しています。
一番先に紹介したダンヒル・エグリ・ビンセントの製作にも関わった様です。
価格はやはり量産車の様に安くは出来ません。(400~500万円?)
特に今回取り上げた車両など900万円前後だそうです。
だったら、DUCATIのデスモセディッチの方が良い!と考える人が多いと思います。
b0076232_18525541.jpg

でもヴィンセントボンネビルのソルト・フラッツでの速度記録保持者だと知れば
評価は少し変わるのではないでしょうか?(・・・この項続く)
[PR]
by SS992 | 2008-01-09 11:26 | 憧れだった美女達