「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

367.ベベルではなく、Net販売でもなかったMHR-540cc

コッグ・ベルト式MHR? 540cc
b0076232_6485181.jpg

コッグ・ベルト式MHRは初めて見ます。 
MHRといえばベベルとばっかり思っていました。
後はNet販売のMHReだけだと思っていました。
作ったのは横浜のデュアルバランス・エンジニアリングです。
MHRだとばかり思っていましたが350アラズーラと言う聞いた事がないマシンがベースでした。
DUCATIにはまだまだ知られざる名車?があるのですね。
系統はパンタSL系です。 本来350ccのエンジンを540ccまでボア・アップしてあります。
何か無茶苦茶な排気量増大です。良くエンジンが持つ物だと感心します。
左側面
b0076232_7101384.jpg

マフラーは2-1の右出しにして容量を稼いでいます。
リア・サスはMHR、アラズーラどちらにしてもツイン・ショックですがこの車両は大胆にも
モノ・ショック化しています。 う~ん素晴らしい、MHReのモノショックよりこちらの方が
モノ・ショックらしくて好きです。
でもフレームの取り回しがレーサー・レプリカ系とは随分違います。

カジバ・ドウカティ・350アラズーラ村山モータース仕様(輸入台数 15台))
b0076232_1943389.jpg

b0076232_7431647.jpg

b0076232_7433099.jpg

b0076232_7434418.jpg

クラッチの乾式化に伴いクラッチは強化され断続クラッチにも強くなっています。
DUCATIの世界の奥の深さを教えてくれた1台でした。
b0076232_7453498.jpg

b0076232_746167.jpg

[PR]
by SS992 | 2008-03-04 06:48 | 憧れだった美女達