「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

389.DUCATIツアラーの系譜(6)

2004年DUCATIは今まで出した事の無い3バルブエンジンを積むツアラーST-3
リリースしました。
b0076232_19371978.jpg

デザインの変更点は前方に集中し、フェール・タンク以降に変更は見られません。
b0076232_2243524.jpg

b0076232_4111897.jpg
メーター類は
ムルティン・ストラーダと共通です。











ここでも当然、S・Bのエンジンを積んだST-4、ST-4 ABSが同時にリリースされました。
b0076232_422995.jpg

しかし、旧ST系の時は人気を博したST-4でしたが、ST-3は非常に安価で100psを
越える性能
を持っていました。   当然ST-4の価値は下がります。 
b0076232_4193138.jpg

b0076232_4334675.jpg

また、新しいタイプのツアラー、ムルティン・ストラーダも売れ行きは好調でした。
このため、DUCATIは戦略を立て直した物と思われます。
ST-3にABSタイプを作り、かつての900SSの位置にある汎用ツアラーにする。
ムルティン・ストラーダを排気量UPし、(1000→1100cc)ツアラーとしての魅力を更に増す。
ハイパー・モタードを作りムルティン・ストラーダに欠けていたスポーツ性を補う。
SSシリーズをやめ、スポーツ・クラシックとして細分化して多様な要求に対処する。
こうしてみると今のDUCATIの製品構成の位置づけとその意味がわかります。
この次はモンスター系の戦略改変でしょうが、これは別の機会に譲ります。
[PR]
by SS992 | 2008-03-18 19:28 | 憧れだった美女達