「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

392.900SSだってレースするさ!

1994年のBOTTのMT1クラスの優勝マシンです。
b0076232_5425117.jpg

ベースは'91年式の900SSです。
b0076232_558559.jpg

これを切った張ったと軽量化した姿が最上部のものです。
b0076232_5431279.jpg

ショート・マニホールド仕様でピーク・パワーを重視しています。
b0076232_5434050.jpg

軽量化はジェネレーターにまで及び、点火はバッテリー・オンリーです。
エンジン周りのチューンで注目すべきなのはキャブレターの取り付け方式です。
通常は純正マニホールドを利用して2連FCRをボルト・オンするのが一般的ですが、
このマシンの場合、シングル・ボディのFCR39φをセパレートで装着しています。
この仕様の方がマニホールドの管長が短くなり、結果的にピーク・パワー重視のエンジン特性と
なります。
チューニングは理論より個人のライディング・スタイルに合わせて行うのがタイムに繋がる様です。
レースの世界は私達、街乗りライダーとは桁違いに高い次元でしのぎを削っているのです。
[PR]
by SS992 | 2008-03-21 06:36 | 憧れだった美女達