「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

403.V型エンジンを残そうよ!(Ⅲ)

楕円ピストンの着いたV4は成功出来ませんでしたが通常の真円のV4はレース、公道どちらでも活躍しました。

RVF(鈴鹿8耐等)
b0076232_10135064.jpg


RC30(VFR750RR)
b0076232_101622100.jpg

正にロードゴーイング・レーサー 国内販売は1000台限定で予約注文が殺到し、異例の抽選販売となりました。
国内販売は1000台でしたが輸出は1993年まで行っており、逆輸入で手に入れた人が
多かった様です。
最終販売台数は4,835台でした。
b0076232_10191541.jpg

RVFが段々旧式化してきたのに会わせて新RVFが作られましたがRC30ではホモロゲーションが取れず、RC45として新しいV4バイクが開発されました。
それがRVF(RC45)です。
b0076232_10565462.jpg

b0076232_1133681.jpg

b0076232_11372645.jpg

b0076232_1139378.jpg

b0076232_11412782.jpg

VFR750RR(RC30)

RC45RVF(レーサー)のレプリカに相応しい性能でしたが
残念ながらバブルが弾けた後で登場したため、ライダーの方も高額なお金のかかるレーサーとして買う人は少なく売れ行きはRC30には遠く及びませんでした。
もっと小排気量のレーサーレプリカですらブームは過ぎてNSRもΓ廃番になっていましたから
当然の結果といえますがV4エンジンだけは残そうと400ccRVFが作られましたがやはり過ぎ去ったブームを呼び返す事は出来ず400cc番RVFも短期間で消えてしまいました。
V4エンジンは排気量を大きくしても比較的コンパクトにまとめる事が出来る事とその不等間隔爆発によるトラクションの増大が大きなメリットです。
この技術を失う事はバイク界において大きな損失だと思います。
使わない技術はそれがいかに優れたものであっても陳腐化し衰退して行きます。
HONDA以外にもV4を作る技術はありますがやはり一番最初に実用化したHONDAに
V4バイクが無くなってしまうのは残念です。
b0076232_12201455.jpg

最後のVFRは800ccになりV4バイクの魂の様なバイクでした。
NRはそれを元に偉大なV4エンジンを育てました。
b0076232_1941443.jpg

b0076232_12304878.jpg

私はVFR750F(Ⅱ)の素晴らしさを決して忘れないでしょう。
[PR]
by SS992 | 2008-05-02 10:02 | 憧れだった美女達