「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:チョイ乗り( 5 )

418, 最強MONSTER!ストリートファイター!?

DUCATIはこれまでSBK(ス-パーバイク)に参戦したバイクのレプリカ
常に発表してきました。 そして、そのエンジンを若干デ。チューンした
水冷エンジンのモンスターを開発!発表して来ました。
2001年にはS4(916ベース)を、
b0076232_18435992.jpg

2006年にはS4RS(996ベース)を発表して大成功を収めて来ました。
b0076232_18442545.jpg

1098が発表された時、1098ベースのモンスターの影がチラついたように思われましたが、1098発表後2年経っても何の音沙汰もなく、新フレームのモンスターM696が発表され、
b0076232_18445487.jpg

今度は空冷のM1100が発表されました。
b0076232_18474515.jpg

やはり、あまりにハイスペックな水冷1098はモンスターには積まれない様子でした。
しかし、2008年のミラノ・ショーで超モンスターと言えるストリート・ファイター
発表になりました。最高出力155PS/9,500rpm 最大トルク11.7kg-m/9,500rpmの正に怪物中の怪物です。
b0076232_1932327.jpg

b0076232_1934520.jpg

b0076232_194431.jpg

b0076232_1943342.jpg

b0076232_19262590.jpg

但し、高額となるでしょうが1098を買える人なら充分手が届く金額だと思います。
新モンスターM-696には食指は動きませんでしたが、ストリートファイターとM-1100には
誘惑されます。 価格的には無理だと解っているのですがやはり、ストリートファイター
欲しくてたまりません。 
今のSS1000DS「峰風」も売りたくないので余計苦しい選択を迫られています(笑)
[PR]
by SS992 | 2008-12-30 07:34 | チョイ乗り

218.試乗会に行きました。乗ったぞ!ポールスマート1000

 行き着けのショップから試乗会のお誘いが来たので買えないのは解っていながら
ズーズーしく行って来ました。

物議をかもした1098、ムルティンストラーダ1100、モンスターS2R、S2R1000、
S4Rテスタトレッタ、ポールスマート1000
試乗対象車でした。

私は水冷バイクとは縁を切った?のでポールスマート1000を迷わず選びました。
SS1000DSの跡継ぎと言う意味もさることながら前後のサスが両方ともオーリンズなのが今回はこれだけだったのです。
b0076232_1541282.jpg

わたしなぞ「峰風」のリアサスが折角オーリンズなのに殆ど調整しません。
最初の頃は色々いじってみましたが違いがさほどわからないのです。

それで前後ともオーリンズだったら解るかと思ったのですがやっぱり鈍感な私には解りませんでした。

ただ前から気になっていたスイングアームが両持ちなのにサスが片持ちなのが
「本当に大丈夫?」と思っていましたが試乗した限りでは違和感は全くありませんでした。

それから驚いたのは塗装でした。
ベベル時代の塗装は荒いフレークのシルバーでしたがポールスマートはフレークが細かく
唯のメタリックシルバーみたいだなと思っていました。
b0076232_169815.jpg

上のタンクがベベル時代のシルバーフレーク塗装 下のフルカウルが現行色

ところが実際に跨って見るとフレーク一つ一つが丁度良く輝き(天気が良かったせいもありますが)、その美しさは例えようもない位でした。
緑のフレームはエメラルドの様で妻も欲しがっていました。(値段を聞いて黙りましたが・・・。)

馬力が少し減ったので僅かですが重い感じがしました。アクセルレスポンスが少し遅いのかもしれませんが不満になる様なものでは全くありませんでした。

きつくなったと言われる前傾姿勢もSSに慣れた身には全く苦になりません。
荷物が全く積めないと言われた欠点もショップの努力でクリアーしてしまいました。
b0076232_15394888.jpg

ああっ! また中毒が再発しそうです。 誰かたすけて!
と思ったらポールスマート1000はカタログから消えていたのでした。ジャンジャン。
[PR]
by SS992 | 2007-06-19 13:56 | チョイ乗り

41. タイヤが角減り!何という事!

 今日久しぶりに洗車をしました。 

マジックリンを使って洗浄した後、液体ワックスで磨きをかけました。

ピカピカになった「峰風」を前に少し離れて全体を眺めました。(昔だったら一服しながら缶コーヒーをあおりつつですが・・・。禁煙に成功したのでルンルン。)

なんとなく前輪のあたりが気になり良く見たらスリップサインが出ているじゃないですか。

あわてて後輪もチェックしてみるとほとんど同じ状態。

へりにはまだヒゲが残っていると言うのに、街乗りが大半になるとしょうがないとはいえ
かなり気分はブルーです。

何故なら私達の歳の人間はこの状態を角減りと言い、バイク乗りの間では軽蔑の対象でした。

向き変え出来るんだからいいもんと言っても負け惜しみにしか聞こえません。

「ああが恋しいよう」「ワインディングに行きたいよう。」

b0076232_21235225.jpg

ひっくり返ったけど私スリップサインでてないもん!
[PR]
by SS992 | 2006-08-27 20:14 | チョイ乗り

38. いろんな音  チッカチッカブーンブーン?

 最近体調が勝れず遠出できません。

もっぱら会社通勤にもったいなくも「峰風」を使っております。

それでもSSは楽しさを味会わせてくれるから不思議な乗り物です。

私の「峰風」はマフラーがノーマルなのでそこは他のドカより静かですが

他の部分からもまず、色々な音がします。

 「クイーンキューン」・・・キーを入れてスイッチをオンにした音

 「チッカチッカ」・・・ウインカーのテスト音

 「キュウル・ル・ル・ル・・バィーン」・・・セルを回してエンジンをかけた所。

 セルは今にも止まりそうに苦しげに回りますがだいたいエンジンはかかります。
 
一番ドキドキする瞬間です。

 「ドッダカドッダカドッダカ・・・」・・・アイドリング中。

 「ぐっクク」・・・クラッチミートに失敗してジャダーが出てしまった時の音。

 「ガッタガッタガッタ」・・・エンジン2000rpnになる前の暴れ馬状態。

 「ウイーンラッタッタッタ」・・・3000rpm前で調子がで始めた時。

 「オーラオラオラオラ・・・」・・・ギヤを3速に入れ3000rpmの振動発生域を過ぎる  
 時の音。

 「りりりりりりり・・・」・・・何の音だか解かりませんが巡航状態になるとする

 鈴のような音。
 
 とても気持ち良い音です。(デズモの音?

 「グッググーック」・・・ブレーキをかけ・握りこみをした時の音(感触?)

 「カチッ プシューン」・・・エンジンをキーを回して切った音。

 「キン・チン・キン・チン・・」・・・空冷エンジンが冷えてゆく音。

 どうです。色んな音がしてるでしょ。国産車もしてるんでしょうけど印象に残りません。 

 今は少しの距離しか乗れませんが毎日新しい発見をさせてくれる
 
 素晴らしい相棒です。

 体が本格的に治ったらまたツーリング行きたいなあ・・・。
[PR]
by SS992 | 2006-08-07 07:11 | チョイ乗り

17. 小悪魔または大魔王シャザーンの娘?

b0076232_0422497.jpg 

 しばらく体を壊して「峰風」に乗れない日々が続いていたが何とか体の方も落着いたのでエンジンに火を入れ、通勤に使ってみた。
前からツーリング時に感じてはいたがこのバイク本当に「遅く走れない小悪魔」である。
2,000rpm以下は使い物にならない。3,000rpmに振動の出るゾーンがあり、バックミラーに何が写っているのか判らない。
3速に上げ、3,000rpmを越えるともう80km/hで突進している。ショップのオヤジに「街乗りじゃ6速には入らないからね。」と言われたっけ。
ある雑誌の試乗記にも「若い子をデートに誘い出したは良いが相手の若さに完全に降りまわされている。」そんなおじさま状態だと書いてあったっけ。
今まではそれほど感じていなかったが小悪魔の言葉がぴったりする可愛い本妻である。まてよ、「峰風」のNo.は88-68(パパラパー)もしかして大魔王シャザーンの娘なのでは・・・。
[PR]
by SS992 | 2006-06-19 00:16 | チョイ乗り