「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お世話になったお姉様達( 16 )

684.ツイン・エンジンの可能性 (7) 驚異の2St SUZUKI T500 

 SUZUKI T500 について、私には特別な思い出があるのでもう少し語らせていただきます

1968年、HONDA CB450が発表された事に脅威を感じたSUZUKIはそれまでのトップ・モデル、
T250大きく超える新型車,T500を発表しました。

 SUZUKI T250 ( 1967年式 空冷2St ピストン・バルブ247cc 30.5hp/8000rpm )
b0076232_182522.jpg


 SUZUKI T500 (1968年式 空冷2St ピストン・バルブ2気筒 47hp/6500rpm )
b0076232_17484030.jpg

大排気量の2St車に懐疑的だった、当時の欧米の技術者達はその性能と姿に驚愕しました。

実は以前にも述べましたが、SUZKI T500 は、私の父の愛車でもありました。

その燦然と輝くオレンジ色の巨体は私と父の誇りでした。

アクセル一捻りであっと言う間に別次元の世界へ連れて行ってくれる魔法の乗り物でもありました。
b0076232_18182311.jpg

当時、4stでは500~650ccは決して珍しいバイクではありませんでしたが、
2Stでは500cc存在しない大排気量でした。

同じ排気量なら2st4stの2倍の出力が期待出来ました。

一般人が乗る市販車にあまり高性能を与え過ぎると危険と判断した社会の要請で50hp以下に出力を
抑えられていましたが、レースでは遠慮は無用でした。
( 初期型は最高出力68hp/7800rpmを記録しました。)

1970年、マン島T・Tプロダクション500ccクラスに出場、優勝したタイタン(T500)
b0076232_18354593.jpg

しかし、当時のSUZUKIのマシンはハンドリングが悪く、常勝と言うわけには行きませんでした。

また、1969年にはHONDA CB750K0 が発表され、国産最高性能の座からも引き摺り降ろされて
しまいました。

そして、SUZUKI2Stではありましたが、大排気量マシンを開発しました。

 SUZUKI GT750 ( 1971年式 水冷2stピストンバルブ並列3気筒 排気量738cc )
b0076232_19145984.jpg

( 動力性能 67ps/6500rpm 7.7kgm/5500rpm 車重214kg )

そして1977年には4Stの多気筒、大排気量車を発表しました。

 SUZUKI GS1000 (1978年式 空冷4StDOHC 8バルブ 4気筒 497cc 90hp/8200rpm 233kg )
b0076232_2103767.jpg

このバイクはヨシムラの手でチューンされ、1978年の第1回鈴鹿八耐勝利を飾りました。
ポップ吉村はレーサーらしからぬ過剰品質だと文句をつけたようですが・・・。)

こうしてSUZUKIもまた4St多気筒バイクの開発に大きく舵を切ったのです。


                                                     ( この項続く )

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
by SS992 | 2011-06-28 21:00 | お世話になったお姉様達

444, スピュースの実験室-1

スピュース・エンジニアリングの本社
b0076232_7411066.jpg

カルフォルニアのクラス・バレーの森の中にありますが一切の装飾がなく、
まるでコンテナー倉庫の様です。

 <ミュール・スペクター>
b0076232_7503645.jpg

1997年ボンネビルにて252,8km/hの記録を出し、後輪で125hpを誇るスペクターを更に
改良したFATVOエンジンに換装した物です。
b0076232_10331739.jpg

 <細部>
①      ②     ③     ④
b0076232_7542424.jpg

⑤      ⑥         ⑦


ショット・ガンスタイルのメガホン・エキゾースト (BUB製)

 スイング・アームはスピュース製FXR用、リアホイールはGSX-R用をチョイスしています。

 FホイールはGSX-R用GSX-R用18インチ、アンチ・ノーズダイブを備えています。

 ミッションもスピュース製の油圧クラッチ・レリーズを使っています。

 エンジンはFATVOのクランク・ケースとスクリーミングのヘッドを組み合わせています。排気量は       100cu-in有ります。(何ccか判んないです。笑)

 テール・ランプが埋め込まれたRフェンダーはCORBIN製ウォーバード、ホールド製も良いそうです。

 吸気はメカニカル・タイプのFインジェクションを装着、エア・クリーナーはスクリーミング製です。

長くなるので一変記事を閉じます。
[PR]
by SS992 | 2009-02-08 07:28 | お世話になったお姉様達

410.峰風やあ~い。バイク乗りたいよ~っ!!

とりあえず題名のとおりライディング出来ない日々が続いています。
磨く所は磨きつくしました。
b0076232_751581.jpg

故障箇所やキズも消しました。あとはツーリングにいくだけなのに・・・・。
欝病が恨めしいです。
b0076232_75295.jpg

[PR]
by SS992 | 2008-06-04 11:36 | お世話になったお姉様達

187.写真写りのよい娘?悪い娘?ふつうの娘・・・?

 SSが消え、スポーツクラシックに変わりそろそろ1年が建ちます。
今更ウダウダ言っても初まらないのですが一言、いわせて下さい。

b0076232_9174613.jpg
1000DS時代、SSのカラーバリエーションは3色でした。

(赤)
DUCATIの標準色化してますね。






(黄)
私の「峰風」の色です。
とても気に入って
います。









グレーメタリック
凄く注文が少なかったそうです。 

これが今回話題の色です。










下の写真を見て下さい。 これは別の雑誌に載っていた写真ですが
とても同じグレーメタリックとは思えません。
b0076232_9315419.jpg

b0076232_9382323.jpg

もし、本当にこの色だったら少し気持ちが動いたかも知れません。
雑誌編集者は写真の色合いも読者の判断材料に成る事を良く考慮して欲しいものです。

ショップで見たグレーメタリックはほとんどと言って良いグレーで
とても選択肢に入れられる色ではありませんでした。

バイクにも写真写りの良い娘とそうでない娘がいるんですね。
危なく色黒の娘(それはそれで健康的なのですが)を連れ合いに選ぶ所でした。

黄色人種はやっぱり黄色が良い・・・ですね?
[PR]
by SS992 | 2007-04-25 08:15 | お世話になったお姉様達

112.「・・・なにもかも皆、懐かしい。」SUZUKI T-500

82.で私のオヤジがSUZUKI T-500に乗っていたのはお話しましたがいい資料が無く、

不満足な紹介になってしまいました。

しかしやっと満足出来る資料が入手できましたので紹介します。
b0076232_827249.jpg

このオレンジメタリック塗装に当事はひっくり返ったものでした。

500ccもあるのに2st,2気筒,馬力は45hp(当事は大馬力でした。)

試乗は流石にさせてはくれませんでしたがツーリング出発時の

キック始動は私の役目でした。

ああ、・・・なにもかも皆、懐かしい。
[PR]
by SS992 | 2007-01-26 08:27 | お世話になったお姉様達

93.急げ!S-1000s SSの鎮魂歌はまだはやい!!

 2007年1月号のライダーズクラブにSSスポーツクラシック

その役割を委譲した旨の文章がのりました。

私としてもその言わんとする事にはだいたい賛成です。

しかし、何とかSSの「」は残したいなあとも思います。

と言うのも私がSSに惚れた時代はまだ900ccだったんですよ。

それが資金の目処が立って買えるようになったら

SS1000DSになっているじゃありませんか。

SS900にしろ900SSにしろSS900じゃなければ感情が許しません。

中古車は絶対イヤだったので新車を買いました。

しかたないので私はハンドルネームだけでも実排気量992ccを使って

SS992と名乗っているのです。

閉話休題  SSの後続がスポーツクラシックだとして後続の筆頭は

やはりSPORT1000Sでしょう。  そうすると今度はS-992Sは似合いません。

とするとSー1000s相応しい通り名だとは思いませんか?

フレームとエンジンはそのまま残っています! と言うことは

SSは死んでないと言うこと!

        急げ!S-1000s SSへの鎮魂歌はまだはやい!!
b0076232_8535899.jpg

SS1000DS(2006年)              SPORT1000S( S-1000s) (2006年)
[PR]
by SS992 | 2006-12-02 08:07 | お世話になったお姉様達

83. やはり血は争えませんね。

私は旅行が嫌いです。バイクの免許を取るまではツーリングも嫌いでした。そうです。

実は亡くなった私のオヤジはとんでもない機械マニアでバイクがあればツーリング、

車があればドライブと常につき合わされつくづく移動が嫌いになってしまい、

旅行など絶対に一人で自主的には行くもんかと思って居りました。
b0076232_13255976.jpg

しかし、現実にはSS992と名乗り、SS1000DSを乗り回しています。オヤジの時代には

高速道路が発達していなかったので長瀞は秘境でしたが今は庭感覚で出かけられます。

オヤジが愛用したのはSUZUKI車でした。

4stは性に合わんといってスーパーカブを1年も乗らずに手放し、

SUZUKIのコレダセルツイン(125cc)を購入5年位乗っていましたが

関東一円は全部制覇するといってコレダセルツイン(250cc)に換え、

これは3年位のりましたがT-500が出るとたちまち買い換えました。今でも覚えています。

コレダは2つとも真っ黒な実用車でしたがT-500はなんとオレンジメタリック!!

私はオヤジの気が狂ったとてっきり思いました。

それ位当事は派手な前代未聞な色だったのです。(下図 GT750参照)
b0076232_1332875.jpg

とはいえ私も黒のVFRを散々のりまわし、今は黄色のSSに乗っている。

やはり血は争えないという事ですかなあ。 そうそうバイクに乗る時オヤジのズボンの

ポケットにはポイント磨き用の紙やすりと二本のプラグが必ず入っていましたっけ・・・。
[PR]
by SS992 | 2006-11-13 13:29 | お世話になったお姉様達

79. さようなら SS でもその魂は健在・・・かな?

この新旧の二組は見た目は似ているものの、

作られた経緯は全く反対と言うのも面白い話です。
b0076232_21252934.jpg
 
SSは常にDUCATIを支える大黒柱としてはたらいてきました。
b0076232_2134854.jpg

そして完成形へ、後はスポーツクラシックとして別の進化をたどるのでしょう。
b0076232_21475870.jpg

2007年にはSSはカタログ落ちが決定したとの情報が入ってきました。

「やっぱり・・・」と寂しさを感じつつ、

「峰風」はSSが廃盤になる前に間に合ってよかった~。
[PR]
by SS992 | 2006-11-09 21:28 | お世話になったお姉様達

53.プロアームで思い出しました。BROS散々世話になりました。

 すっかり忘れていましたがバイクを少しでも上手く操ろうと

桶川のレインボー埼玉に通いました。

まだまだ初心者だった私達(夫婦)はファーストステップコース

乗れるバイクも400ccまででした。

妻はVTZ250を選びましたが私はCB-1では大きく感じて
(後日CB-1にも乗りました。VFR750T?CB400も経験しました。)

結局、BROSp-2を選びました。

BROSp-2

b0076232_1321176.jpg

急制動からプログラムは始まりますが少しづつ支持速度は上げられ,

最終的には100km/h!

この急制動を散々練習する事で前輪ロックしても一度、ブレーキを緩めて

ロックを解除し、再度レバーを握り込んで転倒することなく停止する技を

身に着ける事が出来ました。

ただ、100km/h出していると止まるまでの距離は150m位あり、

幾ら最適ブレーキが掛けられても止まり切れず意味が無い事を

体感するプログラムだったのです。

その他スラロームなど色々のプログラムをこなすとたちまち昼食、

空腹なので飯の旨い事。


午後も色々やりますが16:00頃終了した時にはヘトヘトです。

バイクや車で来る人もいますが私は鉄道で行く事を薦めます。

とても私は帰りに運転など出来る状態ではありませんでした。

あ、肝心のBROSp-2は運転しやすい良いバイクでした。

但し、私にはエンジンを切った後の押し歩きではやたら重く感じたバイクでした。

BROSには位相クランクと言うVバンクの角度が52°なのにLツインと同じ様に

一次振動が0になるHONDA自慢の技術が使われていました。

でもやはりBROSプロダクトoneですね。

一時期はジムカーナの花形でした。



BROSプロダクトone
b0076232_1817341.jpg

[PR]
by SS992 | 2006-10-01 18:15 | お世話になったお姉様達

27.本当にお世話になりました VFR750F(90)  (1992)

 いつもお世話になっているショップからVFR750F(90)が入荷したとの連絡。
b0076232_20402052.jpg

早速見に行きその状態から即決。1週間後に納車と決まりまいた。ただし、店頭渡しです。当日私はビビリきっていました。教習中でもこんなに硬くなった事はなかったでしょう。
無事、家に着きましたが女房は一目見て言いいました。「ウシだ!
b0076232_20382260.jpg

ただ、私が少し残念だったのは.実は逆車のを狙っていたのですがそれは適いませんでした。
前回も書きましたがこのVFRは練習用です。毎週日曜日の早朝には河川敷に出かけ、極低速走行、8の字、トライカーナ、Uターンとただひたすら練習だけを続けるわけはなく、海に山に,ツーリングに行きまくりました。通勤にも使ったので約6万kmの距離を練習した事になります。でもおかげで前傾姿勢が一番楽な長時間での乗車姿勢である事。 ハンドルに全く力を入れずに曲がれる様になった事。なんとか向き変えも何度かに一度はそれらしく出来る様になっていました。  SS900への第1歩でを踏み出したのです。
[PR]
by SS992 | 2006-06-25 20:19 | お世話になったお姉様達