「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ツーリング( 6 )

513.1年ぶりのツーリング!いや、ドライブ?

 体調が回復して来たので妻と計らい、平日ツーリングを計画しました。
私は西伊豆か三浦半島で旨い魚を食べたかったのですが、妻は復帰直後なので行き慣れた
秩父
にしようと言い張り、結局、押し切られてしまいました。(特に首都高が心配だった様です。)

 何はともあれ、待望のツーリングです。(4輪ですが・・・。我が家の足はHONDA Fitです。)
b0076232_113939.jpg

出発は8:00 まずは東京外郭自動車道(通称、外環)の下を走る国道298号を南下し、戸田東から外環へ、
外環を大泉方面に向かって走りました。

大泉jctで関越自動車道に乗り替え、盛大にアクセルを吹かします。

さすが平日なのであっと言う間に花園ICに到着です。
そうそう、初めてETCを使いましたが、これは気持ちの良いシステムですね。
もっと早く導入すれば良かったと思いました。

花園ICを下りて国道140号を寄居方面に向かいました。
幾らも走らず玉淀橋北で左折し、国道254号に乗り換えました。

国道254号を南下し、幾らも走らず、左折し、露梨子で県道30号に乗り換えます。
さあていよいよお楽しみのワインディング・ロードの始まりです。

県道30号を西進し、寄居町、市街地に入る直前のシェル・ガソリンスタンドのある交差点を左折し、県道294号に入ります。 落合橋と言う交差点で右折し、県道11号へ、県道11号をひたすら南下しつつ、定峰峠を目指して高度をあげます。

このあたりになると県道とは言っても林道と殆ど変らず、忙しい運転が続きます。
また、崖崩れこそ有りませんでしたが、台風の爪後があちこちに散見されました。

定峰峠に10時頃、到着、味噌おでんでも食べようと思っていましたが、店は何処も閉まり、自販機で飲料を
買うのが精一杯でした。
b0076232_14035100.jpg
 
 ここで妻と運転を交替、更に山奥へ車を進めます。

狩場坂峠の茶屋を目指していたのですが、着いてみると廃業しており、
茶屋の有った所は更地になっていました。
b0076232_1443199.jpg

バイクに乗れていた頃は行けば必ず寄る定番のスポットだっただけに心に隙間風が
吹き抜けて
いきました。 (>< ; 

気をとりなおして更に尾根伝いに南下、顔振峠を目指しました。(運転:妻)
顔振峠で林道を下り国道299号を目指して山を下ります。(運転:峰風)

昼食は川魚を食べようと言う事になり、国道299号を北上あしがくぼ渓谷国際釣場を目指しました。
b0076232_1585587.jpg

あしがくぼ渓谷国際釣場到着11:45殆ど12:00ジャストの昼食でした。

やまめ定食を食しました。 非常に美味で私など普通は残す頭まで解体してしゃぶり尽くしました。
b0076232_252322.jpg

ここは釣りがメインの場所で食堂は付帯設備みたいなものでした。
b0076232_27657.jpg

水が綺麗でその水音も心地よく、疲れた心が大分癒されました。
b0076232_210379.jpg

良く見るとそこ、ここに魚影が見えます。
b0076232_2103089.jpg

食事と散策がすんだ後、再び運転を妻と交替し、秩父市を目指して北上しました。

秩父市内、上野町で右折し、国道140号に乗り換え、今度は長瀞を目指します。
b0076232_2171481.jpg

国道140号を北上する事、約1時間、長瀞に到着しました。(13:30頃)
b0076232_2174757.jpg

長瀞ではスイーツを食べ様と言う事になり、結局、ジェラートを食べる事にしました。
b0076232_21956100.jpg

長瀞ライン下りをしようと言う事になり、川端に出ましたが、料金が高いのでやめました。
b0076232_2241053.jpg

スイーツも食し、あたりの散策を終わると約1時間が経っていました。

夕方になると国道140号は激しい渋滞が始まります。
このため、急いで長瀞を後にしました。(14:30頃)

この後はただひたすら、国道140号を北上し、関越道の花園ICを目指しました。(運転:峰風)

後は関越道に乗り、板橋jctを経て外環国道298号を使い帰宅しました。
総走行距離:236km、帰宅時間15:45 復帰ツーリングとしては妥当な距離数で結構楽しめました。
次は西伊豆を目指すぞ~っ \(^^)/
[PR]
by SS992 | 2009-10-16 01:01 | ツーリング

464,憧れの生ウニ丼in北海道

 今日は色々トラブル続きで腐っていた所、JAFメイトが届きました。
そしてその内容は今、北海道で食べれる美味しい物の数々、
中でもウニとイクラがこれでもか! と言う位、盛ってある生ウニ丼には
ただただ感動するばかりでした。
私はまだ北海道には行っていないので友人からの又聞きで知ってはいましたが
これほど物凄い物だとは思っても見ませんでした。
b0076232_2381913.jpg


連絡先
「樺太食堂」 生ウニ丼 期間限定営業 1,890円
出かける前にHPなどで確認の事。
北海道 稚内市ノシャップ2-2-6
TELNo, 0162-24-3451
[PR]
by SS992 | 2009-05-20 23:08 | ツーリング

236.あなたは「開けて曲がる? 閉めて曲がる?」

ライダーのバイブルの様な雑誌が何種類か出ています。
ある時、某誌で(コーナーでアクセルを)「開けて」曲がれる人、曲がれていない人と言う
特集が組まれたことがありました。  読めばなる程と思う様な内容でした。
b0076232_6392622.jpg

しばらくして同じ雑誌に(コーナーでアクセルを)「閉めて」曲がる!と言う特集が
組まれました。   私は「何じゃこりゃ」と思いつつ、興味をそそられ
つい、購入してしまいました。  読めばこちらもなる程!と思う様な内容でした。
b0076232_6395289.jpg


で、結局、どちらが正しいの?とシロウトの私などは路頭に迷います。

要するにバイクが大型化して以前の様に高回転をキープしなくても曲がれると言う事を
どちらも別の表現をしただけなのですがここまで表題が正反対なのは・・・・?と
思ってしまいます。
b0076232_6444666.jpg
結局、私が色々試してみた結果、
峰風」 ことSS1000DS
一番あっているのは以下の
方法でした。

1. ハングオンして曲がるより
   リーンインでクリッピングポイントまで
   しっかりブレーキングする。

2.、上半身は曲がりたい方向に
   ズラして置く。 下半身は車体を
   しっかりニーグリップ

3. クリッピングポイントで
   ブレーキを開放する。

4. たちまちSSは曲がりたい方向に
  ハンドルが切れ,少しのバンクで
  向きが変わっている。

5. 前方が開け、問題がなければアクセルを開けて立ち上がる。

  (今回の転倒はクリッピングポイント前に浮き砂があり、フルブレーキング中だったので
  たちまち、前輪がロックして前輪から転倒してしまったのですが・・・。)

結局、雑誌などに出ているテクニックは知識でしかありません。
実践して自分で自分にあったライッディングを見つけるしかないというのが結論でした。

当たり前すぎましたか?
[PR]
by SS992 | 2007-07-14 05:37 | ツーリング

78. 復活のシャアならぬ復活のSS992

 秩父高原牧場周辺地図b0076232_20311184.jpg
 06.11.03 復活をきして4時起きし、

秩父を目指そうと思いました。

体重も5kg減量に成功し、通勤は問題なく

往復しているのでそろそろ復活をきしたのです。

 しかし、しかしであります!

やはりサイドスタンドは戻せなかったのです。

んなばかな! 補助として着けた金属の板は

今までの通勤時の酷使に耐えられず、ブーツの先端で蹴り上げた途端、バキッという音と共に

折れてしまったのです。

補助突起がない状態ではやはりいくら頑張ってもスタンドは上げられませんでした。

しかたないので当日の出発は諦め、しっかりとした補助突起の製作に専念する事にしました。
b0076232_10215732.jpg
それなりにしっかりした物はできたのですが・・・。

問題と言うか謎と言うか革パンとブーツを着けた状態では

幾ら頑張っても補助突起なしではサイドスタンドは

上げられなかったはずなのに使える補助突起が

ある状態では補助突起を使わなくともスタンドは

上げられると言う訳の解らん状態を現出してしまった

のです。





補助突起を装着したサイドスタンド
                                      
 まっ、理由はわかりませんが何にしてもスタンドが上げられる様になったので

1日遅れで秩父を目指しました。 

コースはリハビリですからいつもの朝錬と同じにしました。

5時に出発して外還を経て関越を花園まで走り、国道140号から254号を経て

県道30号とどんどん山の奥に入って一応、目的地を秩父高原牧場のヘリポート

しました。
b0076232_20245717.jpg

 秩父高原牧場ヘリポート
b0076232_20304940.jpg














b0076232_20302042.jpg













 やっと一息つく 「峰風」 でも山にこれてうれしそう!



この後は登谷高原牧場を右に見てどんどん下って行き、県道30号

戻り、帰路に着きました。

一応、問題なくツーリング出来ましたがやはりまだまだ本調子ではありません。

朝錬だったらほとんど休みなしで一気に走って仕舞うのですが

今回は行きは嵐山Pで20分位仮眠を取り、

帰りは道の駅「花園」でやはり20分位の仮眠をとりました。

まだまだ本調子ではありません。

体力を着けて一日ツーリングに耐えれる様にしたいと思います。

そしたら次は西伊豆を目指すつもりです。

さ~ぁ、ガンバルぞう。 
[PR]
by SS992 | 2006-11-04 20:53 | ツーリング

10. ピースサインやってる?

 バイク乗りだけに許されたスマートなコミニュケーション 「ピースサイン」 
バイク同士が行き違う一瞬の間に込められた濃密なメッセージは5ビットはあるでしょうか。(墓石1枚1ビットとして)
最近は「ピースサイン」の意味を知っている人も減ったのかしらん。 
出しても返事貰えないことが多くなりました。 残念。 
(こんなサインだったら返事くれるのかな~?)
 b0076232_20445873.jpg
[PR]
by SS992 | 2006-05-29 20:32 | ツーリング

9. SSってツアラー?

 もう私は歳なのでサーキット走行は出来ません。なのにSSを選んだのは乗り味もさることながら日帰りツーリングがメインになると積載能力が問題となるからです。スポーツ走行に転倒は付き物と思わねばなりません。交換部品や工具の携帯は必至。当然前のVFR750FはクラウザーのパニアケースK2をつけていました。しかし、SSにパニアケースはにあいません。
ですがSSそのものの積載能力はピカイチです。シート下のテールカウルの中はパニアケース45L一個分近く入るのです。 信じられますか?
b0076232_2192662.jpg

ちなみに私のSSには
本体:工具一式、パンク修理キット、エアゲージ、ツーリングネット、リュック、ツーリングネット、折りたたみ雨傘
b0076232_21122336.jpg

シートバックー1: カッパ、雨天グローブ、予備グローブ

b0076232_21134964.jpg
シートバックー2: 空気入れ、CRC-556、粘着テープ

b0076232_21154054.jpg
ミニバック: ミニライト、瞬間接着剤、予備電池、タイヤ掃除用千枚通し
b0076232_2151191.jpg


タンクバック: 予備レバー(左右)、予備ステップ(左右)、地図,
本来スポーツバイクは軽量化にいそしむべきなのでしょうが私は肝っ玉が小さくて行けません。なにはともあれ
b0076232_21222933.jpg
ツーリングへ出発!
[PR]
by SS992 | 2006-05-21 20:42 | ツーリング