「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:モロモロ( 54 )

644.お正月とドカティNCRレーサー マイク・ザ・バイク

 2011年がやってきました。

お正月も4日で終わりの人も多いのではないでしょうか?

とは言え、鏡餅門松を飾りお屠蘇を飲んで一応、のんびり出来ました。
b0076232_15572937.jpg


そういえば、私の子供の頃は(1960年代)には獅子舞も各家を廻って歩いていた物ですが、
最近はとんと見かけなくなりました。
b0076232_15582261.gif

ん、この配色、どこかで見た様な気がします。

そうです、1978年にマン島T,T,で優勝したマイク・ヘイルウッド
NCRレーサーカラーリングにそっくりなのです。
b0076232_16155796.jpg

b0076232_16161726.jpg

マイク・ザ・バイクことマイク・ヘイルウッドは60年代のGPヒーローの一人でした。
b0076232_8391145.jpg

彼はHONDAのGP撤退と共に引退しましたが、1978年に再びマン島T,T,を走り、
HONDAワークスを引き離して優勝してしまったのです。

彼が引退していた間にレーサーの設定キャスターを立てて、どんどん前輪荷重になっていました。

彼がGPレースを走っていた時代後輪荷重のマシンが大半を占めていたのです。

ドカティの英国ディーラー、スティーブン・ウィンのチューンしたバイクだけに相性があったと言います。

 スティーブン・ウィン
b0076232_8403864.jpg

このため、彼のマシンはドカティの赤英国のブリティッシュ・グリーンに彩られました。

獅子舞カラーの誕生です。

実際、彼の走りは見事なものだった様です。

雑誌ライダーズ・クラブの主催者、根本健氏はムック、DUCATIで次の様に語っています。

「1978年のマン島TT優勝の直後、マロリー・パークでのレースに僕もエントリーしていた。

そこで見たヘイルウッドの走りは衝撃的というほかなかった。

リーン・ウイズのままスロットル全閉でコーナーに吸い込まれていくーしかもコーナー入口での
見事な向き変えー。

マイク・ザ・バイクが天才なのはもちろんだが、バイクにそのポテンシャルがなければ不可能だ。

すぐには真似できないがいつか身につけたい!茫然としながらもそう思った。」と。

当然、ドカティレプリカ・モデルを製造、販売しました。  (この項続く) 


 (クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
    
[PR]
by SS992 | 2011-01-04 21:00 | モロモロ

572.軍艦民族学講座・・・のつもり?(5) 大航海時代の先駆け

 平和を好みながら軍事大国化して滅ばなければならなかったフェニキア人と比較して
勇猛果敢な戦士の集団バイキングではこの武装と好戦性の関係はどうだったのでしょうか?

先ず、皆さんは彼等の船に軍艦である様、特化した部分が何処にも無い事に気付かれるでしょう。
b0076232_15242241.jpg

頑丈な上陸用舟艇である事は確かですが、これ自体に破壊力はありません

彼等は勇猛果敢な戦士でした。 当然、個人の武勇は重んじられます。
したがって、船そのものを武器と考える様な思想はありませんでした

彼等のやり方は実に誇り高いものでした。
これから襲う町使者を出し、女・子供の避難が終了したのを確認してから襲撃したのです。

彼等はヨーロッパ大陸の沿岸部の殆どに足跡を記し、グリーン・ランドや北米にまで足をのばしました。
b0076232_15214417.jpg

そして、やがて平和裡に貿易を行う様になり、滞態していた欧州の通商に活を入れる役割を果たした後、
文明の恩恵に懐柔されて他の国々に吸収されていきました。
[PR]
by SS992 | 2010-03-11 23:05 | モロモロ

567.大河ドラマに見る「剣の道」 (3) 坂の上の雲

 2009年末から3回だけ放送された「坂の上の雲」・・・。 どうやら、2010年も年末だけ3回放送する予定の
ようです。 2011年も同じで 合計9回 の作品となる(?)のでしょうか?。
 でもなんで、こんな複雑怪奇な放送形態をとるのでしょう。
b0076232_811585.jpg

 私は前2回の記事で日本人の心の根底にある「剣の道」に対する憧れを取り扱ってきました。
その結果、気付いたのです。 「天地人」で武士のあるべき姿を求め、ある程度、実現した男を描き、

竜馬伝」で武士のあるべき姿が開国によって見直されてもなお、生き残る事を・・・。
(これはまだ「竜馬伝」が終わっていないので推論に過ぎませんが・・・。)

そして、「坂の上の雲」では生き残った「剣の道」が国際情勢上、危うい状態にあった
日本を救いつつも、その後の歴史を誤った道にはまり込む様、誘導してしまった事を描こうとしていると、
考えました。

 「天地人」では戦乱の世とその終わりが描かれ、「竜馬伝」では混乱の時代とその中で日本人が何を信じ、何を選び取ってきたのかを描き、その二つの時代を背景として明治時代以降の戦乱と混濁の時代の始まり
描く「坂の上の雲」を「天地人」、「竜馬伝」、二つのドラマとオーバーラップさせる事によって
更に鮮烈に描こうとしていると私は思いました。

日清戦争・・・まだ実質上の武士が多数存在していた時代・・・。
         武士が戦闘に望む時、その戦闘力はハード・ウエアの差を補って余りあるものでした。
         また、礼と公正を重んじるその戦いぶりは世界から賞賛されました。

清国 北洋艦隊旗艦 定遠 厚い装甲と30センチの巨砲4門を装備していました。
b0076232_835298.jpg

日本艦隊旗艦 松島 装甲は薄い巡洋艦ですが、速度が速く、備砲も12センチと小さいですが
               発射速度が速く、清国、北洋艦隊はその弾雨に敗北しました。
               (松島の主砲は32センチでしたが、結局使い物になりませんでした。)
b0076232_87238.jpg


日露戦争・・・この時も実質上の武士は生き残っていました
         その彼等が勝れたハード・ウエアや新技術を手にした時、無敵になる事を示しました。

旗艦 三笠 上で指揮を執る東郷司令長官
b0076232_8234798.jpg

バルチック艦隊の首脳陣が重装甲に囲まれた司令塔内に陣取っていたのに比べ、
東郷司令長官はその幕僚は司令塔内に非難させていましたが、本人は吹きさらしの露天艦橋で指揮を執り
続け、自らは戦死してもそれまでに研究し続けてきたT字戦法の態勢を完成させる事を最優先しました。
結果、バルチック艦隊は全滅し、日本は外交を有利に進める事が出来ました。
ここでも、礼を重んじ義を愛する「剣の道」は日本を勝利に導きました。

 そしてここが重要なのですが戦争に勝つと言う事は勝っている内に戦争をやめると言う事政府首脳が良く理解していた事でした。

しかも、敗者に対する労わりの心も持っていました。
日本のあちこちにあったロシア人捕虜収容所で行われていた事を知っていますか?
 文盲の人が多かったロシア人下級兵士に対して自分の名前さえ、読み書き出来ないのは
余りに気の毒だとしてロシア語教育が行われていたのです。

 しかし、ここで勝ってしまったが故に後の大陸派兵と南方進出と言う分に余る事を精神論で推し進めると
言う過ちを犯してしまいました。

 戦争は外交の1手段に過ぎず、決して勝つことが目的ではないのです。
敢えていえば、第2次大戦もハワイ・マレー沖海戦の後、即、終戦交渉に入り、場合によっては勝ちつつも無条件降伏すると言う選択肢もあったと私は思います。
最低限、ABCD包囲網さえ外せれば目的は達せられるからです。

もし、ここで全面的に手を挙げられたら連合国側は困り果てたのではないでしょうか?
世界中が成り行きを見守っています。

幾ら無条件降伏した相手でも粗末に扱えば世界中から非難されます。
しかも、彼等は勝っているのに無条件降伏したのです。

原爆を落すなどもっての他です。 軍は解体されるでしょうが、国民は返って軍備に力を取られること無く、
速やかに復興した事でしょう。

我々日本人が美徳とする公正で無私な為政者が居り続けていれば・・・と、残念で堪りません。

いや、我々がそうした指導者を育て、選んで行く様にすれば良いのです。
まだ遅くは在りません


     
[PR]
by SS992 | 2010-03-01 21:13 | モロモロ

566.大河ドラマに見る「剣の道」 (2) 「竜馬伝」

 今年のNHK大河ドラマは「竜馬伝」である事は前回も紹介しました。
まだ始まったばかりなので迂闊な事は書けませんが、第6話「松陰はどこだ?」までの所で
剣の道」に関するドラマが出てきたので分析してみたいと思います。
b0076232_1963247.jpg

 坂本竜馬剣の修行をする為、江戸へ出、名門、北辰一刀流の千葉道場に入門します。
そこでたちまち、頭角を現し、道場主、千葉定吉からも一目置かれる様になるのですが、
ペリーの黒船来航時、黒船に単身、立ち向かおうとして、余りの力の差に、剣を修行する事に疑問
持ち始めます。
b0076232_6232842.jpg

つまり、彼は剣の道をまだ、戦いの手段としか捉えていません。
戸惑う竜馬定吉は「お前は何の為に此処にいる!それが解らないなら出て行き給え!」と一喝します。
破門寸前の所まで追い込まれたのです。
結局、定吉に詫びをいれて破門には成らずに済みますが、定吉は「直に剣で黒船に立ち向かうとは・・・。」と
苦笑いをします。
ここに、定吉も彼なりに外国に立ち向かう方法を模索していた事が、窺がえます。
もしかしたら、何とかして黒船に乗り込み、切りまくる事を考えていたのかもしれません。

しかし、566.で記した様に剣の道を極める事は既に殺人の方法では無くなっていました。
剣の達人たる彼の剣は既に殺人剣から活人剣へ脱却していたはずです。

当然、彼は平和裏に事を進める事が一番、理にかなっている事を早くから見抜いていたと思われます。
竜馬伝」では(まだ?)描かれていませんが、実際の彼は門弟達に広く世間を学ぶ事を奨励しています。
この世間は狭い日本の事だけでなく、海を越えて広がる世界の事を指していた事
後々、彼の発言から窺がえたそうです。

 また、吉田松陰の生き方も武士そのものでした。
彼は外国を見たいと言う内なる衝動にかられ、苦しんだと思います。
外国に行く事はそれだけで、当時の日本では重大な犯罪でした。
それを犯しても外国を見たい、経験したいと言う思いは彼が外国の事を知らなければ
この後、日本がどの様に国際社会を生きて行くか、決める事が出来ないと言う物でした。
b0076232_7315934.jpg

彼は例え、自分が犯罪者に成ろうとも、その道標になるつもりだった事が解ります。

彼と彼の弟子は黒船に乗船を拒まれ、彼の目論見は失敗しますが、その事を既に覚悟していた事が
はっきり描かれていました。

そして、彼は目論見が失敗に終わった時、国禁を犯した旨を届け、自首します。
天知る、地知る、我が知る。」とは良く言われる言葉ですが、
彼は「天、地が知らなくとも、我は知っている。」と思っていた様です。
武士であった彼は自分の意志が如何に正しくともその結果、犯した罪は罪と考えていたのです。
 また、自分が成そうとした事が、これからの日本に必要不可欠な物である事を世に示す目的も
あったと思われます。

彼は正に自らを日本の歩む道の道標としたのです。

吉田松陰 彼もまた 公正無私な武士 でした。
[PR]
by SS992 | 2010-02-27 21:51 | モロモロ

565, 大河ドラマに見る「剣の道」 (1) 「天地人」

 今年のNHKの大河ドラマは「竜馬伝」です。 当然、坂本竜馬が主人公で舞台は幕末です。
昨年の大河ドラマは「天地人」でした。 こちらは直江兼継、舞台は戦国末期でした。
どちらも時代の変わり目で苦悩しつつ、己の信じる道を歩む人々を描くものです。

 「天地人」は敗者でありながら己の信じる道を生き抜き、勝者である徳川家康に徳川幕府の行く末を
託される稀有な男
、上杉家、家老、直江兼継が主人公でした。
b0076232_18165358.jpg

彼は自分の兜の前立てに「」の一文字を選びます。
私はここに彼、直江兼継が自分が何者であるのかを、良く理解していた事を見ます。
彼は武士です。 武士は戦士、と言えば格好良いですが、民百姓の上に胡坐をかく、寄生虫なのです。
b0076232_18171029.jpg

「だからこそ、自分達、武士は為政者として公正であり、無私であらなければならない。」と
彼は考えたのではないでしょうか?

彼の生きた時代は、まだ、戦乱の世が続いており、こうした考えは一般には受け入れられませんでした。
しかし、戦国が終わり、平和な徳川幕府の時代になるとこの考えは武士の存在価値のよりどころ
すらなっていったのです。

平和な時代が続くと、どうしても為政者堕落して自滅して行きます。
しかし、徳川幕府は250年の長きに渡って存続したのです。
この理由に鎖国政策を上げる人は多いと思いますが、私は武士が為政者だった事が一番の理由だと
思います。

日本人には、は今でも公正で無私な人を愛し、出来る事なら自分もそう在りたいと願う人が多いはずです。

この、公正で無私な人を育てるのに役立ったのが「剣の道」だったと私は思います。
元々、人殺しの方法でしかなかった剣の道は平和な時代にあってその存在価値を失いました。

しかし、武士は外部の敵ではなく、内なる敵を切る事で公正で無私な自分を得る事が出来たのです。

もちろん、この境地は簡単に入れるものではありません。
人殺しの方法」をまず学び、それから、「内なる敵を切る方法」を、教えられるのでは無く、
自分で悟る必要がありました。

このため、今では滑稽にさえ見える厳しい修行をしたのです。
その結果、彼らが得たものは「己の身体と心を自分の意志で自在に操る事」でした。
つまるところ、セルフ・コントロールです。
そして、命の儚さも実感したと思います。

だから、彼らは何時何処で死んでも誰にも迷惑が掛らない様、常に身辺を整理し、
後進の者に伝えておかなければならない事は即座に伝える様にしていました。

武士といえば切腹が付き物ですが、あれは突然、死が訪れても動じる事無く
また、自分が死んでも実害が出ない様、常に心がける事を勧める方法論だったと私は思います。

切腹の作法を知っていますか?
内容はあまりにも壮絶なので書きませんがそれだけ、凄まじいものなのです。
そして、これが出来るだけのセルフ・コントロールが武士には求められたのです。

腹に小刀を当てただけで介錯人に自分のを跳ねて貰うのは略式で形だけの切腹です。

徳川幕府も後期に入ると流石に略式の切腹のみになっていったと思いきや幕末の生麦事件では
幕府が首謀者達を切腹させましたが、彼らは正規の切腹を処刑立会いの英国軍人の前で行い、
悔しまぎれに自分の内臓を英国人に投げつけ、英国人は気絶したと聞きます。

私は切腹特攻が良い事だとは思いません。

しかし、自分に何時、死が訪れても良い様に心掛ける事と、公正で無私な自分を保てる様、
セルフ・コントロールを身に付ける事は出来るものならしたいと思っています。
[PR]
by SS992 | 2010-02-25 21:18 | モロモロ

558, 「THIS IS IT] !

 昨日、故マイケル・ジャクソンの THIS IS IT を手に入れました。
b0076232_12229100.jpg

噂に違わぬ凄い内容でした。

マイケル・ジャクソン は キング オブ ポップスと称えられましたが、
私は ワン オブ スター・ミュージシャンズ と密かに呼んでいました。
何故なら、他にも不死鳥伝説 「美空ひばり」、永遠の歌姫「山口百恵」、ロックの伝説「ビートルズ」や
サイモンとガーファンクル」・・・幾らでも勝れた人達がいたからです。
b0076232_13262865.jpg

b0076232_1326525.jpg

b0076232_1327868.jpg

彼らに対して「誰が1番か」と問うのは愚問です。 まさに誰もがオンリーワンだからです。

クラシックの世界も当時はあれがその時代の最先端音楽だったのです。
だから、バッハモーツァルトベートーベンも私にとっては
スターズ オブ ミュージシャンズです。
b0076232_13455237.jpg

 TVドラマ「のだめカンタービレ」で自分が演奏する曲の作曲者やその時代背景を研究して
自分の演奏に反映させる事をアナリーゼといって非常に重要な事だと言っていましたが
正にその通りだと思います。  今回のTUIS IS IT は正にそれの映像化でした。
b0076232_1485984.jpg

 今回のTHIS IS ITの DVD 発売を金儲け主義と取る人もいるでしょうが
私は彼が何を考え、何を描こうとしたのか、舞台裏を見せてくれる事で解らせてもらいました。

 リハーサルなのにも係わらず彼や彼のスタッフは全力で取り組みます
彼は口では「まだ全力ではない」と言っていますが、彼を見ているスタッフ達の思いが彼に完璧を求めさせ、
その結果、皆が全力で取り組む事になってしまうのです。
そして彼は決してマイナスな発言をしません。 常に前を見ています。 
それがスタッフの能力を120%引き出しスタッフ同士も刺激し合って互いの力を無限に引き出していました。

彼はもはやキング オブ ポップスでもワン オブ スター・ミュージシャンズでもありません。
正に THIS IS IT ! です。
[PR]
by SS992 | 2010-02-06 11:55 | モロモロ

512. 太陽での炎の舞 プロミネンス 観測

 今朝の朝刊(読売新聞)に素晴らしい写真が載っていました。

NASAが発表した太陽探査機が捉えた太陽表面からプロミネンス(紅炎)が噴出している映像です。
b0076232_7461074.jpg

9月26日から27日にかけて約30時間に渡って大規模で活発なプロミネンスが観測されたのです。

プロミネンスは雲の様に見える太陽表面の炎が太陽の磁力線に沿って、数万kmまで上昇する現象です。

1974年に放映された日本初の本格SF?アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の
第12話「絶対絶命!オリオンの願い星、地獄星」でオリオン座α星の表面近くまで追い詰められたヤマトが
沖田艦長の命令一下、波動砲でなぎ払ったのは実はこのプロミネンスでした。

ストーリーの展開上、視聴者に少しでも判り易くする為、「コロナ」と呼ばれていましたが、
コロナは太陽の外周を取り巻く大気圏のガス発光現象の事です。

しかし、太陽の表面温度は6000度位ですが、このプロミネンスが吹き上げる圏内は
100万度を超える高温圏内です。

そこまで接近しても融けないヤマトは何で出来ているのでしょうか?

もしかしたらヤマト魂と根性だったりして・・・。
[PR]
by SS992 | 2009-10-15 07:42 | モロモロ

511.束の間の逢瀬・・・。撮影会の始まり始まり。

 10月10日からの3連休どこにも行けず、落ち込んでいました。

そこで病院を退院してからシートを時々外して風に当ててやるだけだった峰風を引っ張りだしてみました。
b0076232_1425366.jpg


退院直後は体力の低下が激しく、とても180kgあるバイクを取り回せる状態では無かったのです。

退院して9ヶ月がたち、体力や筋力が大分回復してきたので試してみる気になりました。

実際やってみると思いの外、順調に取り回せ、コカす事も無く、マンションの入り口まで

転がす事が出来ました。

さて、折角、顔を出せたのですから、そのまま引っ込ませては芸がありません。

ファッション・ショーならぬ、撮影会の始まりです。

まず、右前からパチリ!
b0076232_1421475.jpg

右側面をなめる様にパチリ! カジバ・ロゴのDUCATIの文字が素敵です。
b0076232_14212391.jpg

通り過ぎてゆく右後ろ姿もパチリ! 
b0076232_16451864.jpg

戻って来る左前をパチリ! フロントフェンダーのDUCATI 「D」マークがチラリ!と輝きます。
b0076232_14224314.jpg

左側面もカメラに収めます。 ニーグリップ・ラバーにお気づきでしょうか?
b0076232_1423426.jpg

楽屋に返ってゆく左後姿も頂きです。 ナンバープレートのフックはツーリング用です。
b0076232_1646924.jpg

自慢のチャームポイント、アエラのバックステップも逃がしません。
長ボルト利用のサイドスタンドの角?もカスタムです。
b0076232_14281753.jpg

「峰風」の自作ステッカーです。
b0076232_14282879.jpg

嗚呼、Lツインの鼓動が聞こえて来るようです。

やっぱり一緒に走りたいよう!
[PR]
by SS992 | 2009-10-12 14:07 | モロモロ

505.エース・カフェの伝説

前回、SUZUKI SV650ベースのカフェレーサーを紹介しましたが、ところでカフェ・レーサーって何でしょう?

Netのウイキペディアで調べてみましたら、面白い事が判りました。
カフェ・レーサーは本来、ロッカーズ=カフェレーサーの略だそうです。

イギリスのロックミュージシャン達が夜な夜なカフェ
(店名エース・カフェ、当時、ロンドン唯一の24時間営業)に集まり、

自分達の改造バイクを自慢し合い、ジュークボックスで1曲かける間に行って戻ってくる公道レースを行っていたそうです。
b0076232_19375919.jpg

b0076232_19384668.jpg

バイクはもちろん、トライアンフやノートン、BSAといった英車がベースでした。

バック・ステップ、コンチハン、ロケット・カウル等、今のカスタムの基本はここで生まれた様です。
また、いかにも速そうな派手な改造をしたバイクをカフェの店頭に並べ、自慢しあうものの、実際には走らず、
競争しない連中を称してカフェ・レーサーと揶揄したとの説もあるようです。

1970~80年代の日本ではバイクの改造が禁止されていた事もあり、カフェ・レーサーは一種の憧れでした。
今は殆どの改造が認められており、カスタムすれば、皆カフェ・レーサー!と言う事になってしまった様です。

もっとも、私的にはセパハン、バックステップは外したくありませんが・・・。
[PR]
by SS992 | 2009-10-01 19:36 | モロモロ

489. やっぱり、DUCATIは猫科?

 DUCATI 横浜 には マスコット、猫の「チーマン」ちゃんが居るそうです。
b0076232_783018.jpg


 そこではたと気付きました。  私が猫好きなせいかもしれませんが、
DUCATIのバイクってスーパーバイク猫科の猛獣みたいです。
b0076232_7581572.jpg

私の峰風空冷ですが性格はまるっきり猫です。
b0076232_7555267.jpg

じゃらすとたちまち全開になり、止め処も無く回転が上がって
自分が何をしているのか、解らない状態になるところや、
 ライダーに一々、乗り方の注文を付けて来る所なども猫科の特徴です。
そして、これ等の注文をうるさいと思いながら許してしまえるのもならではです。
b0076232_811899.jpg

DUCATIと猫・・・この二つは私にとって人生に外す事の出来ない伴侶です。
[PR]
by SS992 | 2009-07-26 07:16 | モロモロ