「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

41. タイヤが角減り!何という事!

 今日久しぶりに洗車をしました。 

マジックリンを使って洗浄した後、液体ワックスで磨きをかけました。

ピカピカになった「峰風」を前に少し離れて全体を眺めました。(昔だったら一服しながら缶コーヒーをあおりつつですが・・・。禁煙に成功したのでルンルン。)

なんとなく前輪のあたりが気になり良く見たらスリップサインが出ているじゃないですか。

あわてて後輪もチェックしてみるとほとんど同じ状態。

へりにはまだヒゲが残っていると言うのに、街乗りが大半になるとしょうがないとはいえ
かなり気分はブルーです。

何故なら私達の歳の人間はこの状態を角減りと言い、バイク乗りの間では軽蔑の対象でした。

向き変え出来るんだからいいもんと言っても負け惜しみにしか聞こえません。

「ああが恋しいよう」「ワインディングに行きたいよう。」

b0076232_21235225.jpg

ひっくり返ったけど私スリップサインでてないもん!
[PR]
by SS992 | 2006-08-27 20:14 | チョイ乗り

40. GT-1000 またまた衝撃!のオリーブグリーンメタリック

b0076232_1110172.jpg

 スポーツクラシックの最後はGT-1000。 

カラーバージョンはガンメタといわれていました。

しかし、実際に入ってきた色を見ると少なくともガンメタでははなく

オリーブグリーンのメタリックでした。この色はHONDAのジェイドが

翡翠」色を売りにしていましたが更に深い複雑なグリーンです。

この色に魅了される人は多いのではないでしょうか。

テル・ブランチがもっともデザインに時間を掛けたGT-1000

やはりそれだけの事はありそうです。
[PR]
by SS992 | 2006-08-09 20:19 | 憧れだった美女達

39. SS乗りは太りすぎにご注意!!

 みっともない話ですが最近ちっと太りすぎました。

ショップのツーリングに行った時、太りすぎて皮パンを履いているとバイクに跨った状態で

サイドスタンドにつま先が届かず空振りの嵐、みっともなくもショップのオヤジさんに

スタンドを蹴り込んでもらいました。

もともとサイドスタンドは出し入れがしずらかったのでDOITで買った

長六角ボルトを付けていたのですがバイクにも慣れ使わなくても

スタンドの出し入れが出来る様になったので外してしまったのです。

やれやれこれが発売当初のSS900でタンクパッドが厚かったら

もうどうにもならなくなる所でした。

サイドスタンドには前とは別の工夫をし、本人は減量に努める事

しました。

b0076232_1842414.jpg
なにせ幾ら中年ライダー

からって

腹が出てバイクに

乗れなくなった
などと

いったらSS992末代までの

恥です。                 

太りすぎて75kg

必死でダイエットやら

フィットネスやらをやって

現在72gまで戻しました。
引っ掛けつきサイドスタンド
                                      目標65kg。

                                      さあ~がんばるぞ!!





                       
[PR]
by SS992 | 2006-08-08 18:14 | カスタム

38. いろんな音  チッカチッカブーンブーン?

 最近体調が勝れず遠出できません。

もっぱら会社通勤にもったいなくも「峰風」を使っております。

それでもSSは楽しさを味会わせてくれるから不思議な乗り物です。

私の「峰風」はマフラーがノーマルなのでそこは他のドカより静かですが

他の部分からもまず、色々な音がします。

 「クイーンキューン」・・・キーを入れてスイッチをオンにした音

 「チッカチッカ」・・・ウインカーのテスト音

 「キュウル・ル・ル・ル・・バィーン」・・・セルを回してエンジンをかけた所。

 セルは今にも止まりそうに苦しげに回りますがだいたいエンジンはかかります。
 
一番ドキドキする瞬間です。

 「ドッダカドッダカドッダカ・・・」・・・アイドリング中。

 「ぐっクク」・・・クラッチミートに失敗してジャダーが出てしまった時の音。

 「ガッタガッタガッタ」・・・エンジン2000rpnになる前の暴れ馬状態。

 「ウイーンラッタッタッタ」・・・3000rpm前で調子がで始めた時。

 「オーラオラオラオラ・・・」・・・ギヤを3速に入れ3000rpmの振動発生域を過ぎる  
 時の音。

 「りりりりりりり・・・」・・・何の音だか解かりませんが巡航状態になるとする

 鈴のような音。
 
 とても気持ち良い音です。(デズモの音?

 「グッググーック」・・・ブレーキをかけ・握りこみをした時の音(感触?)

 「カチッ プシューン」・・・エンジンをキーを回して切った音。

 「キン・チン・キン・チン・・」・・・空冷エンジンが冷えてゆく音。

 どうです。色んな音がしてるでしょ。国産車もしてるんでしょうけど印象に残りません。 

 今は少しの距離しか乗れませんが毎日新しい発見をさせてくれる
 
 素晴らしい相棒です。

 体が本格的に治ったらまたツーリング行きたいなあ・・・。
[PR]
by SS992 | 2006-08-07 07:11 | チョイ乗り

37. スクーターって夏でも暖機必要なの。ホント?

問題のマジェスティ
b0076232_13172828.jpg


 夕方、私がロッカールームに行くと後輩がこのクソ暑いのに

ライディングジャケットを着込んで額に汗を浮かべながらマンガを読んでました。

どうした?と聞くとスクーター(250cc)の暖機運転をしているとの事。

この時期に~。ドカだって暖機運転なんてやらんぞ。」「でも止まっちゃうんです。」

バイク屋の兄ちゃんに「しっかり暖機しないとダメだ。やらないとすぐ止まるよ。」と

言われたそうです。

アイドリングが低すぎるのかと思いましたが実際に見てみると1,500rpmは

維持していたので低すぎる事は無い様でした。

うーむ無段変速機は負荷が大きいのかな~あ。

皆さんどう思います?

私はバイク屋の兄ちゃんに騙されているとしか思えないのですが。

ちなみに彼の愛車はYAMAHA マジェスティです。(新車購入。走行距離2万km位)
[PR]
by SS992 | 2006-08-03 21:14 | メカ談義

36. 単気筒だ~い好き!!   「峰風」ごめんね。

 私は基本的に単気筒のバイクが好きです。
SSに乗っているのも乗り味がほとんど単気筒と変わらないからです。
あの振動、体を震わせて力を出す。けなげじゃありませんか。
今は妻のお古のAX-1「ひょうすけ」が健在なので可能性は薄いですが
出来たら単気筒のバイクも欲しい所です。
ただ専用設計のエンジンを積んだバイクが少ないのが残念です。
皆OFF車の流用だもんね。
(専用設計はSUZUKIのGUSE350くらい?)


過去に恋した単気筒のバイクたち
 HONDA  GB250 

b0076232_13302270.jpg
シャンパーニュシルバーの
美しい車体。
回せば
何処までも
回るエンジン。
価格も手ごろで
選択すると
すれば一番
現実的なバイク
でしょう。




HONDA GB500TT
b0076232_785917.jpg
このバイクは希少車で
一度しか実物を見たことがありません。
(しかも走ってるとこ)
こいつも荷物が
積めなさそうですが
シートカウル
セクシーなので◎。




  SUZUKI  GUSE350
b0076232_18552498.jpg
ジレラサトルーノみたいな所が
ちょっと気に入りませんが
エンジンは
スズキ
きっと良く廻る事でしょう。





   GIRELA Saturno Isie of man(TT1)
b0076232_199674.jpg
500ccの
割りには
凄まじい
排気音

妻のひんしゅくを
かったことでしょう。
でもコンパクトさは潔良さ
感じるまでに。
ここまで来ると
魅力を感じます。




   GALLINA TG6S1
b0076232_1839167.jpg
800ccの単気筒すごく魅力がありましたが発表された時には売り切れ。
それははないでしょう。 
空母のカタパルトから打ち出される様な加速感。
味わって見たかったなあ。





   YAMAHA SZR660
b0076232_17263460.jpg
 私は好きだったのですが妻がデザインに拒絶反応を起こしました。











   YAMAHA SRX600
b0076232_628985.jpg 本来ならば
第一候補に上がるはずで妻も異存のないバイクなのですが我々の仲間内では悲しい思い出に彩られており、
残念ながらこれからも乗ることは無いでしょう。
 


b0076232_6383476.jpg
 SRXの
メーター配置は
真に私のツボです。            カッコイイ!
[PR]
by SS992 | 2006-08-02 08:44 | 憧れだった美女達