「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

51. 順番が逆になっちゃった!ごめんね NR

NR500       1979
b0076232_656284.jpg

 NRは(ニューレーシング)の略です。

4気筒・6段変速制限を良しとしなかった、国産4メーカーはGPを一度は去りましたが

1978年、川崎を除きHONDA・SUZUKI・YAMAHAは復帰しました。

当時は2サイクルエンジンの全盛期。 HONDAは苦境に追い込まれました。

HONDAは4サイクルが売物です。

当時必要とされた120hpを出すには8気筒、2万rpmが必要とされました。

とてもまともにやっていては達成出来ない目標です。

そこで必要な大きさのバルブを並べて行ったところ、

小判型のピストン・シリンダーと言う前代見聞のV4エンジン構想が浮上したのです。

このエンジンの構想を聞かされたHONDAの若手技術者は

「そんな物が回るのか?」と本気で思ったそうです。

 そしてHONDAらしいのはNRにはバイク開発のシロートや若手ばかりを張り付け

ました。

当然、モノコックボディだのカセット式エンジン・スイングアーム・カセット式変速機など

新しいが実績のない技術がこれでもか!と詰め込まれたのです。

しかし、そうした新しい試みはほとんど実を結ばず、逆にNR

レース実績の足を引っ張る形になってしまいました。

せっかく片山敬済と言うワールドチャンピオンを擁しながら1勝も出来なかったのです。

白煙を吐き、あえぎながら走るNR・・・。

NRは(ニューレーシング)の略ではなく(ノー・レディ・・・常に準備の出来ていない)

の略だ。」と陰口を叩かれたそうです。  当時の若い技術者はさぞ悔しかったと思います。 

でもそうした失敗は必ず後で実を結びます。 

今、大排気量車には欠くことの出来ない「バックトルクリミッター」など

NRなかりせば生まれなかった技術なのです。

これは強大なNRのエンブレを逃がす為に作られました。

GP2stのNSに譲ったNRですがHONDAマンはあきらめ

ていませんでした。 

1987年ル・マン24時間耐久レース出場をもくろんでNR750が用意されました。

ライダーの一人にはライダーズクラブの主宰 根本 健 氏も選ばれました。

HONDAの意向はHONDAのバイクの扱い易さを浸透させる事。

その宣伝にはジャーナリストライダーを乗せるのが良いとの判断だったそうです。

NR750    1987
b0076232_762192.jpg

結果的にはつまらないトラブルでリタイアになりましたが、

ここでHONDAはNRの市販化の意思を固めたと私は考えます。 

つまらないトラブル=簡単にクリア出来るハードルだからです。


NR     1992
b0076232_712039.jpg

かくして苦難の道を歩んだNRもようやく市販化されました。

但しその値段もビックでしたが(520万円 ドカ乗りにとっては当たり前の価格でしょうが・・・。)

当時インテグラ?のCMにNRが出ていましたがNRの値段を知るライダーは

車のCMだかバイクのCMだか判らないなあ~と笑っていました。

NRが一番悩まされたのがXwing氏も言っていたピストンのシールだったそうです。

当時の技術者がNRのVDで「NRの技術はピストンとシリンダーのシール技術だった。」と

回想していました。
[PR]
by SS992 | 2006-09-28 22:58 | 憧れだった美女達

50. そういえば忘れていましたね。 NR750

 何度か登場した丸くないピストン・・・オーバルピストンと言う
とんでもないものをつけた実にHONDAらしいバイクです。

HONDA NR750  (520万円也)
b0076232_12524067.jpg

当時、DUCATIにいたタンブリーニは
凡庸な性能のバイクと言っていましたがそれは(国内)市販するために
大幅にディチューンしていたためと私は思います。
外国人とくにイタリア人はよほど相手を認めないと誉めませんからね。

DUCATI スーパーバイク916
b0076232_22431026.jpg

ある人の指摘によるとNRが出る前に決まっていた916のデザインは
全く別物だったそうな。タンブリーニ親分がNRのデザインにショックを受けて
それをよりリファインする形で916をデザインしなおしたのだとか。
あくまでもウワサですが・・・。でも後だしジャンケンでも916の方がカッコイイな。また、後だしジャンケン得意のHONDAが後だしジャンケン一杯喰った
言うのもなかなか面白い話です。
[PR]
by SS992 | 2006-09-28 11:27 | 憧れだった美女達

49. デザイナーの癖?それともコストダウン?

 前回HONDAさんにギャアギャア文句を言いましたが その

ブログ作成中に面白い事に気付きました。 まず下の2枚の写真を見て下さい。

CBR1000XX
b0076232_6245610.jpg

VTR1000
b0076232_6251794.jpg

判りましたか?

ガソリンタンクの形がそっくりなのです。

まさか同じ物は使ってないでしょうが

少なくともこれでデザイナーが一緒だと言うことは判ります。

シロウトの私に判る位ですからプロの世界では何を言われているやら。

デザイナーが高名な人だったり、そのデザインが特に勝れていれば別ですが

そうでなければ・・・。



またCBRの方はミラーにウインカーが着いていますが

このデザインどこかで見た覚えが・・・。そうです。

憧れの「NR750」のものをそのまま流用したふしが。
b0076232_131204.jpg

まあHONDAも企業ですからコストダウンは絶対必要です。

でも看板になる様な車種にシロウトでもわかる流用はやめて欲しいです。

今回も文句ダラダラになってしまいましたが、これもHONDAを愛すればこそです。

許してやって下さい。
[PR]
by SS992 | 2006-09-25 06:41 | メカ談義

48. HONDA製SS? もうコピーの時代は終わったはず!

 一昨日の事です。車で妻と長瀞まで足を伸ばして去る夏を惜しんでの帰路,

新座料金所を出て外環の入口に入る直前で3台のバイクに抜かれました。

1台目は赤のモンスター(種別不明、両出しマフラー)2,3台目

黄色のSS!
でした。

外で黄色のSSに出会うのは滅多に無い事なので気分良く観察していると

最後の1台のリア、ブレーキ灯の下辺りにSSとは何か違う雰囲気が。

たまたま、彼らとは違う料金ブースに入ったので低速で側面を観察して見ると2台目は

確かにSS(2000年式以降)でしたが3台目はVTR1000でした。

何か違う雰囲気があるのも当たり前です。

b0076232_1164780.jpg
 
確かにVTR1000DUCATI・SS900対抗馬として

位置付けられたものです。デザインも一応全く違う・・・。 でも見ようによっては

そっくり!!と言うのでは天下のHONDAの名が泣きます。

私は国産車に限ればHONDA党なので余計、情けないやら悔しいやら

HONDAさんもうコピーの時代は終わったよ

それとも人まね嫌いの宗一郎さんが亡くなって抑えつけがなくなった反動

出てきたのかな。
[PR]
by SS992 | 2006-09-25 05:53 | メカ談義

47. アイサツ? 宣伝?

 「山の手お嬢様 VS シブヤギャル他」をリニューアルしました。

といっても「F750レプリカ・他」の写真をクリックすると拡大する様にしただけですが・・・。

若い方には笑われそうですが今まで写真は

ワザワザ ブログサイズに縮めてアップしていたのです。

ペイントを使って縮小していたため画像が荒れることがありました。

そんな事をしなくても単にアップしさえすればよい事をやっと知りました。

そうすれば写真をクリックすれば元のサイズで見れる事も解りました。

今後はこの機能をフルに使って極力綺麗な写真をアップしていきます。

今後とも宜しく。

  
b0076232_18575223.jpg

カウルを外すと750ccのエンジンが・・・う、美しい! (コレも拡大可です。
[PR]
by SS992 | 2006-09-22 18:39 | アイサツ

46. チャーリーとチョコレート工場を見た。 しかし・・・。

b0076232_20233525.jpg
中々見応えのある作品でしたが何か違和感の様な物が付き

まとい、最後まで楽しめませんでした。

普通DVDを借りてくると最低2回は見るのですが今回は全然

その気になれず1回しか見ませんでした。

これは物語がすべて人間不信の上になりたっており最終的には家族の絆を

重視した展開になるのですがいい子ちゃんぶっているチャーリーが

最終的に手に入れた「金のチケット」は

猫ババしたお金で買ったチョコレートに入っていた物です。

お金がない家の為にその「金のチケット」を売ろうと提案し、

涙を誘いますがその「金のチケット」を手に入れた手段が

拾ったお金でチョコレートを買ったでは

少なくとも日本観客はシラケます。

あちらではお金を拾ったら届けると云う習慣は廃れてしまったのでしょうか?

そんな道徳しかない国が世界の運命を左右していると考えると

恐ろしいやら情けないやら・・・。


本来、米国は貧しくとも誇りを何よりも尊ぶ精神の国だったはず・・・。

ああ、世界は誰が導くのでしょうか?
[PR]
by SS992 | 2006-09-21 20:55 | アニメ ・ 映画

45. コラ! 「峰風、お前人を見ているな!」

車検も済んでルンルン気分で帰宅しました。メインスイッチを切る時「オヤ?」と
思いました。デジタル温度計の表示がおかしいのです。(Fig.-1)
b0076232_9524697.jpg

b0076232_15323035.jpg

(Fig.-1)の様になっていて温度表示が出ていないのです。
ショップに連絡を入れて翌日見てもらう事に。


翌日エンジンをかけると正常な表示がでていました。
油温50℃までは「 Lo 」 としか出ないのです。(Fig.-2)
b0076232_15413639.jpg

しかし10分も走ると(Fig.-1)状態に。
ところがショップが近づくと(Fig.-3)状態に。
b0076232_15575725.jpg

走った時間からすると全然低い温度なのですが一応表示は出ました。
ショップに着き、若旦那を呼んで来ると(Fig.-4)状態に。
b0076232_2054619.jpg

この温度なら正常です。文句のつけ様がありません。

私の前ではグズッテ見せてプロ には即ヘコヘコと従う・・・
[おい「峰風」・・・。俺をなめとるんか?」と思わず考えてしまいました。

結局、温度センサーの接触不良という事で無償修理になったのでしかしやはりよそモン(外国製)は油断がならん。   これからも注意しなければ。

そういえばこの湯温計デジタル時計(Fig.-5)と切替になっているのですが
この表示も当てになりません。どんどん遅れて来ます。
(本当は時計として使いたいのですが)
b0076232_20102735.jpg

当てにならないので最近は全然使っていません。
それより油温の変化を見ている方がよっぽど楽しいんですもん。
だから今回慌てて修理して貰ったのです。

まあ「遅く走れない小悪魔(娘)」多少のことは勘弁しましょう。
[PR]
by SS992 | 2006-09-20 09:53 | メンテナンス

44. もう来ちゃった! 『 車 検 』でもピカピカはいいな!

 「峰風」も私のところに来て2年経ってしまったんですね。

9月に「車検」を迎えました。

もちろん問題はなくショップで蒸気洗浄してくれたので ピカピカ !

うれしいです。

タイヤも純正のスポーツタイヤ(消しゴムタイヤとも言う。)
ミシュランパイロットスポーツから

ツーリング向きのミシュランパイロットロードに変えたました。

早くツーリングにいきたいな。ルンルン!
b0076232_19434391.jpg

 
b0076232_1944472.jpg

  後ろもピッカピカ
[PR]
by SS992 | 2006-09-19 19:44 | メンテナンス

43. 山の手お嬢様 VS シブヤギャル て感じ?

スポーツクラシックもGT-1000が出てラインナップが出揃いました。

このシリーズは限定版のPS-1000がシリーズのトップになっていますが、

これはイモラ200マイルレースでDUCATIの名を不滅のものにしたレーサーF750の

レプリカです。 しかし、イモラ750,900はもはや絶版!しかたないのでどうしても欲しい

強烈」なマニアの皆さんはベベルの750や900から改造して作っていたのです。

b0076232_19251315.jpg

ベベル改造のF750 カスタム 真に芸術品です。(クリックすると大きくなります。

b0076232_197655.jpg

          スポーツクラシックPS-1000LE

でもスポーツクラシックPS-1000が限定版とはいえ出たので

大枚はたいてベベルから改造する必要はなくなったのです!

しかもDUCATIパフォーマンスからは
b0076232_950411.jpg

純正オプションでフルカウルが

でも何か違う・・・やはりベベルのレプリカの方が数倍優れ芸術性さえ感じます。

山の手の旧家のお嬢様VSシブヤギャルって感じですかね。

ただ手軽に楽しみたい向きには良い企画だと思いますが・・・。
[PR]
by SS992 | 2006-09-11 19:46 | 憧れだった美女達

42. 悪い事は続くもの・・・ 燃料カラッケツ事件起きる。

 ある日、天気が良いので久しぶりに「みねちゃん」を引っ張りだして
会社へ向かいました。

昔と違い1ヶ月も放置していたのにエンジンは問題無くかかり出発したのですが、

しかし、半分も行かない内にエンスト!ただ、感触がガス欠の感触だったので即GSへ

今は高いハイオクが16Lも入ってしまいました。

これはSSの満タンGS量です。

もう一度、距離計をリセットして再度計測を開始、本来なら14Lで燃料警告灯が付き、

オイル温度計にもフェールの警告が出るのですが前回はどちらも出ませんでした。

さて、16L満タンにした所で様子をみてみました。

SSは私の計測では通勤燃費は約11L/kmなので14Lでは154kmを
こえたらリザーブになったと言うこと。

案の定170kmを超えても警告灯はつかず、警告表示も出ませんでした。

即ショップへ持ち込んでクレーム修理しました。

若旦那いわく「ドカは電装系強くなったんですけどね~っ」って
リザーブないんだから確実なものが欲しいな~。

b0076232_14595519.jpg

そうだ古いSS750~900は透明樹脂タンクの一部を塗り残してガソリン残量が一目で判る様になっていたはず、その方が絶対確実ですよね。センサーもいりません。

バイクに乗る人は自分のバイクの実燃費位知っているでしょうから
走っている時にGSの残りがいくらか判らなくてもなんとかなります。

それに最近のドカは皆、樹脂タンクなんだから透明樹脂タンクの一部塗り残し位簡単に出来るでしょう。

PS1000はモックアップの時はその考えだったみたいです。(塗装だけかな?)
b0076232_153334100.jpg

ちなみに モックアップに跨っている人はポール・スマート氏本人です。
横に立っているのがデザイナーのピエール・テルブランチ氏です。
[PR]
by SS992 | 2006-09-10 09:01 | メカ談義