「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

244.やっぱり買っちゃいました。 DVD !!

世界最速のインディアン GOD OF SPEED EDITON
b0076232_21253295.jpg

2枚組の方です。 こちらにはドキュメンタリーが入っているのです。

アンソニー・ポプキンス          バート・マンロー
b0076232_21264755.jpg

インディアン                 実走
b0076232_19215840.jpg

                実車は垂直尾翼は1枚です。        レプリカは垂直尾翼が
                                         3枚あります。

やはり実物の走行は迫力あるものでした。

また、実物と映画ではインディアンに微妙な違いがあったようです。
映画の垂直尾翼安定板は3枚ありましたが実車は一枚で
小さな水平尾翼も付いていました。

ただし、ドキュメンタリーの製作時は映画の設定より後なので
改良された姿かもしれませんが・・・。
[PR]
by SS992 | 2007-07-31 21:27 | アニメ ・ 映画

243.HONDA CB72 入魂のカスタム!

CB72といったらHONDAが初めて出したスーパースポーツです。
b0076232_15462731.jpg

でもその頃、ワークスレーサーは当然その先を行ってました。
しかしHONDAはほとんどワークスレーサーに保安部品を付けただけの様な
CR93の様なぶっ飛んだ物も販売してました。
CR93
b0076232_15472528.jpg

惜しむらくはCR93は125ccで250ccクラスは遂に販売されなかった事です。

このレストアを実行した人も同じような不満を持ったのでしょう。
CB72をレストアするのに飽き足らずCR93のタンクとシングルシートを装備した
スーパーCB72と言うべきものを完成させました。
b0076232_15492784.jpg

ただただ、美しく、いくら眺めても飽きない作品です。
b0076232_16131515.jpg

ここまでレストアしただけでも賞賛ものなのに
カスタムまでした情熱に頭が下がります。

ハンドルはマグラのセパハンです。       メーターは純正です。
b0076232_1557286.jpg

値千金のカスタムと言ったら誉め過ぎでしょうか?
[PR]
by SS992 | 2007-07-30 15:49 | 憧れだった美女達

242.トライアンフ・スラクストン 三態

オリジナル はおとなしめのクラシック感漂う大人のバイクです。
b0076232_9265978.jpg

b0076232_191488.jpg

BRM・マンクスマン CⅡ
b0076232_9343218.jpg

b0076232_18353857.jpg

全身をカーボンパーツで鎧った姿は正に峠の戦士です。

BRM・マンクスマンーCR
b0076232_950991.jpg

2本出しアップマフラーがオシャレです。
b0076232_9514970.jpg

この美しいバイクが20台限定生産だなんて許しがたい事です。
(しかもあろうことかDUCATIのスポーツクラシックより安いのです。)
カフェレーサーはこのバイクの様な軽い感じが似合います。
S-1000sは美しいバイクではありますが気合が入りすぎている様に思います。
[PR]
by SS992 | 2007-07-30 09:27 | 憧れだった美女達

241.しばらくぶりのカスタム!ステップ交換しちゃいました。

この前の転倒事故を踏まえて色々と対策を考えていたのですがショップに来ている
顔見知りの客にから「だったらステップ交換したら?」と言われました。

私は既存のステップの殆どが可倒式ではなく転倒時に損傷を受けると考えられるので
ステップの交換は考えていなかったのです。

その客が言うにはステップは値段が安い、カウルは高い一時的に損傷してもその方が経済的だと言うのです。

言われてみれば最もな話でステップをスライダーと考えれば良いわけですから
早速ショップのオヤジに相談してバックステップを導入する事にしました。

旧右ステップ                               新右ステップ
b0076232_8315657.jpg

新左ステップ                               旧左ステップ

このステップはエキセンが施してあり、ある程度、位置が選べます。
また嬉しい事にシフトレバー、リアブレーキともステップと同軸になったのです。
今までシフトレバーには不満がなかったのですが
リアブレーキレバーは対向式で非常に使い辛いものでした。
ステップ位置は今は標準ですがおいおい調整していくつもりです。  
楽しみ楽しみ・・・L(^^)V       
[PR]
by SS992 | 2007-07-23 08:33 | カスタム

240.ソバカスのあるオバQ?水中メガネを着けたトラ?

CBR900RR(SC28 1992)     この愛嬌のあるソバカス顔のオバQの様な顔に
b0076232_7473548.jpg
覚えがある人は相当経験の長いライダーです。
今のリッターバイクでかつスーパースポーツと言うある意味矛盾したカテゴリーを確立した価値ある一台でもあります。
バイクジャーナリストの第一人者辻 司をして魔物と言わせしめた傑作・・・。 
2stのNSR250をピュンと走らせる感覚で、トルクは10倍・・・。   確かにおとなしい外観とは
うらはらな魔物です。


b0076232_8182446.jpg

b0076232_8241355.jpg

実力と外観があまりにもかけはなれていた事にライダー側から不満が出たのでしょうか
1994年のモデルチェンジで獰猛な猛獣をイメージしたタイガーアイと呼ばれるヘッドライトが
装備されました。
CBR900RR(SC33 1998)
b0076232_845167.jpg

b0076232_634408.jpg
しかし、このヘッドライト、
写真ではそれほど目立たないのですがまるで金魚蜂が
ヘッドライトの代わりに着いてるんじゃないかと思うほど
巨大なレンズが着いてました。
その巨大さは笑うしかない!
水中メガネを掛けたトラ?と言いたい物でした。
もっともそこまでやったからカッコ良く獰猛さも出たといえるのですが・・・。
b0076232_6531024.jpg

CBR1000RR(BC-SC57 2004)
b0076232_924922.jpg

今は1000ccまで排気量が拡大されCBR1000RRに成っていますが、
辻氏によれば上記の98年型でCBR900RRシリーズは終わりだそうです。
YAMAHAYZF-R1に対抗するブランニューは名前こそ同じCBR900RRでも中身は別物だからだそうです。 魔物だった時代のCBR900RR(SC28初代)乗ってみたかったです。

CBR929RR(SC44 2000)
b0076232_973778.jpg

CBR900RRのツボ
b0076232_1941459.jpg

このは操縦性の軽快さ&りニアリティ向上の為の空力装備ですが
これが無いCBR900RRは私には考えられません。   
ソバカス娘こそCBR900RRなのです。
2000年型から以降はこれが消えています。 辻氏も私と同意見なのでしょうか。
[PR]
by SS992 | 2007-07-21 07:53 | 憧れだった美女達

239.英国レーサーは長・短距離兼用?

223.で シーリー・ノートンを紹介しましたが、ノートンにはスマートなタンクと
ゴツイ大型のタンクが着いているものがあります。

そして大型のタンクの着いている車体には大抵、マンクスの名が着いています。
ははあ、マン・島TT(ツーリスト・トロフィー)のレプリカなんだな。
標高差の激しい60.7kmを走りきるには大型タンクが必要なんだ。と理解してました。

しかし流石は英国人。 彼らは同じマシンで長距離レースでも短距離レースでも出れる様、
タンクを積み替えられる構造にしていたのです。

MANX30M500 2態 この2台は同じ車両です。
b0076232_14322.jpg

上が マン島TT用大型タンク仕様   下が ショートトラックレース仕様

タンクは金属のバンドやゴムのバンドで止められていました。
b0076232_14119100.jpg

でもシーリー・フレームに積む時はその方式は何故かやめた様です。
シーリー・MANX 30M 500
b0076232_14162934.jpg

疾駆する シーリー・MANX 30M 500
b0076232_14171967.jpg

一度乗ってみたいものです。
[PR]
by SS992 | 2007-07-18 13:32 | 憧れだった美女達

238.「峰風」とりあえず復活

峰風の損傷は一応、復活しました。カウルキズは塗料の赤みが少し足りませんでしたが
ガマンできる範囲です。
b0076232_7495089.jpg

アンダーカウルの削れはパテモリした上で再塗装しました。
ブレーキレバーはまだ予備があるので交換は今回は見送りました。
b0076232_7483490.jpg

マフラーはこれを機会に一気に交換しようとしましたが法改正がまだ終わっていないので
後回しとしました。
皆さんにはご心配と励ましを頂き感謝しております。 有難うございました。

復活した「峰風」
b0076232_7514592.jpg

[PR]
by SS992 | 2007-07-16 07:19 | アイサツ

237.ダンヒルのエグリ・ビンセント

ダンヒルと言ったらいまや押しも押されもしない超有名ブランンドですが
元々は自動車やバイクに関係したバックや小物を作る為に作られた会社だった様です。

エグリ・ビンセント・ニック・アシュレイ・カスタム   (左側面)
b0076232_22143749.jpg

エグリ・ヴィンセントのフロントビュー
b0076232_22195989.jpg

決して宣伝用のハリボテではありません。

やはり、ダンヒルのバックが妙に良く似合います。
b0076232_2218678.jpg

エグリ・ビンセント・ニック・アシュレイカスタム    (右側面)
b0076232_22205233.jpg

ダンヒルは新しいバックの宣伝用にカスタム・バイク1台作り上げました。
作ったのはニック・アシュレイ。彼はビンセントの専門家パトリック・ゴテにアドバイスを求め、
その情熱はこのバイクの価値を1千万円以上にしてしまいました。

そして、高い実用性と驚異的性能は約束されていましたが、エンジンに火を入れる事は
絶対に許されない悲運のカスタム・バイクでした。

高い塔に閉じ込められた美女が髪を伸ばして王子を誘い込む童話があります。

いつか、このビンセントもライダーを誘い込み山を海辺を都会の路地を疾駆する姿を
見せて欲しいものです。
[PR]
by SS992 | 2007-07-15 22:14 | 憧れだった美女達

236.あなたは「開けて曲がる? 閉めて曲がる?」

ライダーのバイブルの様な雑誌が何種類か出ています。
ある時、某誌で(コーナーでアクセルを)「開けて」曲がれる人、曲がれていない人と言う
特集が組まれたことがありました。  読めばなる程と思う様な内容でした。
b0076232_6392622.jpg

しばらくして同じ雑誌に(コーナーでアクセルを)「閉めて」曲がる!と言う特集が
組まれました。   私は「何じゃこりゃ」と思いつつ、興味をそそられ
つい、購入してしまいました。  読めばこちらもなる程!と思う様な内容でした。
b0076232_6395289.jpg


で、結局、どちらが正しいの?とシロウトの私などは路頭に迷います。

要するにバイクが大型化して以前の様に高回転をキープしなくても曲がれると言う事を
どちらも別の表現をしただけなのですがここまで表題が正反対なのは・・・・?と
思ってしまいます。
b0076232_6444666.jpg
結局、私が色々試してみた結果、
峰風」 ことSS1000DS
一番あっているのは以下の
方法でした。

1. ハングオンして曲がるより
   リーンインでクリッピングポイントまで
   しっかりブレーキングする。

2.、上半身は曲がりたい方向に
   ズラして置く。 下半身は車体を
   しっかりニーグリップ

3. クリッピングポイントで
   ブレーキを開放する。

4. たちまちSSは曲がりたい方向に
  ハンドルが切れ,少しのバンクで
  向きが変わっている。

5. 前方が開け、問題がなければアクセルを開けて立ち上がる。

  (今回の転倒はクリッピングポイント前に浮き砂があり、フルブレーキング中だったので
  たちまち、前輪がロックして前輪から転倒してしまったのですが・・・。)

結局、雑誌などに出ているテクニックは知識でしかありません。
実践して自分で自分にあったライッディングを見つけるしかないというのが結論でした。

当たり前すぎましたか?
[PR]
by SS992 | 2007-07-14 05:37 | ツーリング

235.生活防水のメッシュ・ジャケット?

232.で報告しましたが転倒したので革パンとジャケットがいかれてしまいました
革パンは後回しにしてまずジャケットを買いに近くのライコランドへ行きました。

これから夏本番です。 毎年、暑さに悩まされているので、
メッシュジャケットの購入を目指しました。
欲しいジャケットが見つかりました。値段も手ごろ、パッドも入っています。

ですが表示に完全防水とあるではありませんか!
完全防水のメッシュジャケット??? 疑問を感じながらも購入しました。
b0076232_21311745.jpg

生地の表面はかなり粗く、メッシュジャケットとしては当たり前の生地でした。
また、防水とは完全防水から生活防水まで色々あります。と手書きで表示がありました。
b0076232_21323224.jpg

後日、雨天の日に使ってみるとやはり雨はジャケットを通り越し、
下着までグチョグチョになりました。
「ううむ、このジャケットは生活防水のレベルだったのか。」と妙に納得してしまいました。

ところでバイクに乗るのに生活防水ってなに?と言う疑問も湧きました。
やはりと思ったら店員の説明をキチンと聞くべきでした。

私の雨具はゴアテックスです。こちらは本当に完全防水でかつ風は通ります。
結局、最初の計画通り、メッシュ・ジャケットを着て雨が降ってきたらゴアテックスを羽織る事になっちゃいました。
[PR]
by SS992 | 2007-07-13 05:13 | モロモロ