「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

359.ターゲット・デザインは健在?フレームレスはトレンド?

この写真は前にも紹介しましたがドイツのターゲット・デザイン社
MVアグスタのために作ったコンセプト・モデルです。
b0076232_4413530.jpg

これがヒントとなり、ハンス・ムートが中心になってデザインし、
あのカタナが生まれたのは有名な話です。
b0076232_442845.jpg

そのターゲットデザインが独 ザックス社のビーストというバイクのコンセプト・モデルを作りました。
b0076232_5441821.jpg

フレーム・レスの斬新なデザインです。
b0076232_4433440.jpg

排気量・エンジンは1000cc・Vツインです。 乾燥重量150kg・・・。
b0076232_4443059.jpg

さーて、2匹目のドジョウが柳の木の下にいる事を願うのみです。
[PR]
by SS992 | 2008-02-28 19:36 | メカ談義

358.コンプリートモデルって本当に売れてるの?

モトプランは900SS用に2種類のコンプリートモデルを出していました。
Troll/88MOTOPURAN SUPUR TWIN 940
b0076232_14425374.jpg


スーパーモノスタイルアッパーカウル+916スタイルシングル・シート
b0076232_14441781.jpg


b0076232_15152563.jpg


SRは良くみますがコンプリート車は見たことありません。
b0076232_16545100.jpg


DUCATIもコンプリート車が出ていますが見たことはありません。
b0076232_17571626.jpg


ただ、コンプリート・バイクが幻でないのは私が確認しています。
秩父の山の中でしたが、HONDA X4のコンプリート・バイク バイパーに出会いました。(下記)
b0076232_1922357.jpg

一応、コンプリート・バイクが消費者の間に存在するのは事実のようです。
[PR]
by SS992 | 2008-02-28 13:44 | カスタム

357.親父・のバイク・ライフに止めを刺したSUZUKIGT750

親父のアガリ・バイクはSUZUKI T500と言う2stのバイクでした。

T-500
b0076232_10245080.jpg

アガッタ理由は11月にアイス・バーンに引っかかって転倒したため、母が4輪にする様、
命じた為です。 こうして親父の4輪ライフが初まりましたが、
バイク雑誌の購入は続いていました。
CB750four-K0の発売が報じられた時は悔しさが滲みでていました。
でも私には「HONDA(4st)だからな。」と負け惜しみを言っていました。
親父は4st嫌いだったのです。
(乗ってる4輪は4stのHONDA360 NⅢ でしたが・・・。)

CB750four-K0
b0076232_1121513.jpg

しかし、追いかけるようにしてSUZUKIから2stのGT750が発売になりました。

GT750
b0076232_10201680.jpg

今度は言い訳出来ません。しかし、親父は一言、「終わったな・・・。」と呟いただけでした。
b0076232_10185827.jpg

その後、バイク雑誌を買ってくる事もなくなり、代わりに4輪誌を買ってくる様になりました。
b0076232_10223570.jpg

どうも幾ら2stでも水冷のバイクは許せなかったようです。
b0076232_11403271.jpg

親父自身のバイク・ライフは終わった・・・。と言う意味だと考えていましたが
今のバイクを取り巻く状況を見ると、親父は「バイクの時代は終わった・・・。」
と本気で考えていた様な気がします。


b0076232_12114532.jpg







































当時、この内容は驚異でした。
b0076232_11411572.jpg

エンジンの側面がツルツルなのがラジエターよりも水冷らしかった覚えがあります。
エンピツ・マフラーもカッコ良かったです。
[PR]
by SS992 | 2008-02-28 10:21 | 憧れだった美女達

356.やっぱり米国人はハーレーがお好き?

コーナーを激しく攻める1台のバイク!  縦並びノライトがDUCATI 999みたいですが
何か違います。
b0076232_627623.jpg

これはアメリカのロアー社が造ったVロアー1130です。
b0076232_6412173.jpg

何の変哲もない普通のスポーツバイクのようですがアメリカらしい秘密があります。
b0076232_6524161.jpg

b0076232_6525825.jpg

もう解ったでしょう。 なに?わからない! ええい しょうがない。
b0076232_764495.jpg


これは水冷のハーレー・ダビットソンの代表、V-RODです。
b0076232_7105387.jpg

なに?まだ解らない?最近の若いもんは自分で考える事をしたがらないからのう・・・ブツ、ブツ。
b0076232_714546.jpg

もう解ったでしょう。  
Vロアー1130のエンジンは水冷のハーレー・ダビットソンの代表、V-RODのものなのです。

それも愛国心からではなく、米国人の優れた利点、
頭の柔らかさ、徹底した合理性と実証主義から生まれた発想です。

手に入らなくなったスエーデンのコンパクトな60°Vツインのかわりに
93kgもあるV-ROD
のエンジンを使うとは・・・。
エリック・ビューエルさえ「アスレチックさが足りない・・・」と使用を見送ったエンジンなのにあえてそれを使う・・・アメリカ魂に拍手を送りたいと思います。

b0076232_922479.jpg

ここではあまりに専門的なので触れませんがV-RODエンジンを使う隠れたメリットが
かなり有るようです。
また心配された重量も現時点で193kgと常識的なものです。

パワーは最終的には170HPを狙っていますが現在は120HPです。
ともかく、アメリカン・ドリームがどの様な経過をたどるか楽しみなバイクです。
[PR]
by SS992 | 2008-02-28 05:14 | 憧れだった美女達

355.フォガティは健在!そして、誇りも健在!?

フォガッティ・ペトロナス FP-1
b0076232_6455496.jpg

この面構え
どっかで見た事が
あるでしょう。

そうです。
916時代の
DUCATIのエース
カール・フォガッティ の
個人・マークです。
b0076232_713242.jpg

これはフォガッティが
WSBのライダーを
引退した後、
作ったチームで
使われた
フォガッティ・ペトロナス FP-1です。








驚くほどコンパクトなマシンのハンドリングは超優秀でした。  しかし・・・。
2007年には消滅してしまいました。
b0076232_7272012.jpg

b0076232_7363682.jpg

b0076232_7335074.jpg

3本のエキゾースト開口部がFP-1が悲しき3気筒である事を物語っています。
WSBのルールに振り回され、F1上がりのエンジンに泣いたFP-1でした。
パーソナル・マークの目まで怒ってます
b0076232_1914372.jpg

b0076232_1921471.jpg


最後のレースでフォガティはこう言いました。
「これまでやってきた事の中で一番の失望だ。私達は偉大なチーム、偉大なイメージ、
優れたメカニックを持っていた。 マシンはコーナーで他車よりも早く走れる
ハンドリングを持っていた。
だが、エンジンがカスだった。勝たない事に慣れるのは耐えがたかった。
わたしの評判がペトロナスのことで悪くならなければ良いのだが・・・・」

やはり自分の名声と技術だけではチーム活動は出来ないと言う見本みたいなものでした。

b0076232_19214080.jpg

フォガティにとって2位になる事はビリになる事と同じだったのです。
彼が最良・最速のライダーである事を証明するものは勝つ事だけでした。
それは、バイクを降りても彼の生き方であり、哲学なのです。  
変わる事はないのでしょう。
[PR]
by SS992 | 2008-02-27 05:34 | モロモロ

354.面白い物見つけた(3)

マーチン・ホンダCB750  836cc  1970年
b0076232_502410.jpg

Netをふらついているうちに妙な物を見つけました。

前だったら変わった形だなあで済ましていた所ですが
エグリ・フレームを知った後では見逃せません。

そうです。このフレームはエグリ・フレームです。
しかも メインフレームをゴテ氏やエグリ氏はオイル・タンクに使っていましたがこの車両ではナント!
ガソリンタンクとして使っているようです。
もしかしたら座席下のタンクがメイン・タンクかもしれませんがそれにしては注入口が小さ過ぎます。

こんな少量のガソリンで出られるレースといえばドラッグ・レース位ですが
デザインはドラッグレーサーの片鱗も見当たりません。

アメリカ人の考える事は全く不可思議です。
[PR]
by SS992 | 2008-02-27 04:45 | メカ談義

353.ロードボンバーの残した物は?

モト・ライダー誌(三栄書房)1977年4月号に載ったロードボンバーの記事。
b0076232_21281223.jpg

4/1 エイプリルフールに引っ掛けた冗談として発表されましたが、製作者の島英彦氏は
本気で速い単気筒のバイクを作ろうとしていました。
その思いが通じたのでしょう。
多くのライダーが発売を信じ、中には愛車を売って金策に走ったライダーもいたそうです。

切っ掛けは当時のGPシーン・・・大体の出場車が2stの中、HONDAの4st 6気筒や
MVアグスタのマルチに混じって単気筒のレーサーが栄冠を争っていたのだそです。

1963年のHONDAのジム・レッドマンとイタリアのモトモリーニ(単気筒)のタルキオ・プロビーニが
GP最終戦、日本GPで250ccのタイトルを争ったのです。
今はとても信じられない話ですが単気筒は意外と速かったのです。

モトモリーニ 125cc レーサー 1969           <参考>
b0076232_17321832.jpg


HONDA RC166 250cc レーサー1966      <参考>
b0076232_17384753.jpg


ロードボンバーと名付けられたこのバイクはエンデューロ XT500のエンジンをベースに
フレームから作られました。(このフレームの内部には窒素ガスが圧力を架けて充填され、
フレームの損傷が圧力の低下で判る様になっていました。)

しかし、当時は公道を走るためのNo.が取れず、レーサーの道を歩む事になりました。
窒素ガス充填もレースを考えての事のようです。

SHIMA 498
b0076232_19165641.jpg

b0076232_20303074.jpg


あまりにコンパクトなポジションはステップに足を載せ損なう事もあったそうです。
b0076232_20473847.jpg

ガソリンタンクはFRP製、上面中央の帯は無塗装部分です。
これでガソリンの残量を知るのです。 
DUCATIと同じ考え方ですが位置が全く違います。(DUCATIは側面)

液面の観察はDUCATIの方が楽ですがライダーには読めません。
反対にSHIMA 498 はライダーしか読めません。

つまり、DUCATIは給油タイミングの判断を監督が行い、
SHIMA 498 ではライダーが行う、と言う事です。
まさに民族性が現れている部分です。

b0076232_2133349.jpg

今、SHIMA 498 バイク・ガレージ スランクストンにレストアされ
展示されているそうです。
スランクストン  ロード・ボンバーイメージのSRカスタム・バイク (白)
b0076232_20321747.jpg

b0076232_2032378.jpg

        ロード・ボンバーイメージのSRカスタム・バイク (緑)
b0076232_2033302.jpg

b0076232_20334477.jpg

b0076232_20335953.jpg


SRの源流と言われる事もありますがSRとロード・ボンバー
別の物です。 SRはビンテージ・カスタムを狙って造られたものです。
残念ながらロード・ボンバーの後継者はKTMのRC4になるのでしょうか?
[PR]
by SS992 | 2008-02-26 16:18 | メカ談義

352.TTシリーズやーい! CB400SSさっさと退場して!

国産のビッグシングルスポーツというとなんといってもYAMAHA SR400/500です。

SR400(前輪ツーリーディングドラムブレーキ版)
b0076232_7221966.jpg

最近はアスベスト問題からかディスクブレーキに戻りました。
b0076232_531055.jpg


これに対抗する様にHONDAはCB400SSを新発売しました。
CB400SS
b0076232_16122337.jpg

しかし、これを見た私はウーンと唸りました。 あまりにも似ているのです。

以前、HONDAはTT(ツーリスト・トロフィー)シリーズを出してビッグシングル界
一大勢力を持っていました。(もしかすると今も?)

GB400TT
b0076232_5475036.jpg

SRと違いTTは頑なにディスクブレーキを守っていました。
この辺りの拘りは技術のHONDAらしくて好きでした。
しかし、このTTシリーズはもはやとっくに廃番です。
しかし、根強いファンはレストアしてまで今も乗り続けています。
SRの類似品を出すくらいならTTを復活させるべきです。
その方がファンも喜ぶに違いありません。

シングルシートだとタンデム出来ない。荷物が積めない。といった問題がありましたが
積載性の問題は各種振り分けバックで対処出来ます。
タンデムは意外としないものです。
彼女と出かける時は彼女もバイク。ないしは4輪が安全で快適です。
彼女との接近はタンデムではまず無理!と考えましょう。

と言う訳でYAMAHAはSR、 HONDAはGB400(500)TT、
SUZUKIはテンプーター 
b0076232_613985.jpg

こいつは見事にSRとGB400TTの中間を狙ったデザインで笑ってしまいます。
カスタムもSR風です。
テンプター・マンクス カスタム
b0076232_7483030.jpg

b0076232_7493889.jpg

疾駆するテンプター 
b0076232_7511126.jpg

やはりSR似です。(しょうがないのかなあ)
こちらの前輪ブレーキはツーリーディングドラムブレーキ
明らかにSRを意識していました。
b0076232_7565964.jpg


kawasakiはバーチカルツインですが分類は此処でしょう。

W1   レストア品
b0076232_1512894.jpg

b0076232_1521439.jpg

b0076232_15213044.jpg


W3(初代?)
どちらにしてもモノマネでないものは輝きが違います。
b0076232_702546.jpg


W1(初代?)
b0076232_15165016.jpg


 
W650     W1のリプレイス?
b0076232_623496.jpg

W400
b0076232_6165494.jpg

カスタムもいい味出してます。(未来チックな所が気に入りました。)
W400-カスタム
b0076232_6181522.jpg


新しいTT?を出すとしたら(HONDA以外でも・・・。)
排気量は400cc以上がビックシングルらしくていいのですが
免許制度の問題、400が500でも大して変わらない?(異論が多いとおもいますが・・・)
環境問題で少しでもCO2を減らしたい。
などの理由で400cc未満に落ち着くでしょう。

それにしてもCB400SSは気に入りません・・・ブッツ ブツ・・・・・。
[PR]
by SS992 | 2008-02-26 05:29 | 憧れだった美女達

351.ゼファー人気は伝説へ変わったも・・・。

これは 株式会社 ネコ・ブロスモーターサイクル社が発行しているClubman誌の3月号です。
b0076232_15411316.jpg

この雑誌は中々、マニア心を擽るのが上手く、私もチョクチョク買っています。
その3月号に4月号の発売予定が載っていました。
b0076232_15494782.jpg

2/22に本屋に行って見ましたが影も形もありません。
店員に聞くと発売日は2/24との事。 まあ、予定は未定であって決定ではないと考え、帰宅しました。 しかし、カレンダーを見ると2/24は日曜日ではありませんか!
いくらなんでも日曜日が発売日と言うのは出版界では考え難い事なので、
株式会社 ネコ・ブロスモーターサイクル社の営業さんに電話して聞いて見ました。 
すると、やはり、発売日は2/23土曜日との事。

そして、翌日、近所の本屋を片っ端から回ってみましたが入荷していません。
やはり2/24発売と言う返事ばかり返ってきました。
「クソッ、営業め格好だけ付けたな!」と怒りを抑えながら帰宅しました。

2/24、本屋に向かいました。 今度こそ出ているはず。
しかし、今度はどの本屋にいっても「売り切れ」で入手出来ません。
こんな事はClubmanでは一度もなかった事です。

頭をひねった私は帰宅するとすぐPCに向かいました。
4月号の内容を調べるためです。
Netを開くと直ぐに売り切れの理由が解りました。
b0076232_1617560.jpg

私は現行車で日本を代表するのはZZR-1400だと思っていました。
その認識は全く違っていた様です。

初代ゼファーが世に出た時、レプリカブームに飽いた人やレプリカの高すぎる価格
手が出ない若者達にいじり放題の安い高性能が受けたのです。
同時に新しい流れ、ネイキッドを作りました。

そして今度はリッターバイク競争ゼファーを復活させ様としています。
やはり高すぎる価格が問題なのでしょう。
幾ら取り易くなったとはいえ、免許の問題も有ります。
ゼファーに、もはや、新車はありません。(400は在庫がまだ少しあるようです。)  
中古車でも良いからゼファーが欲しいと言う人が増えているのです。
発売日に本屋にClubman誌4月号がなかったのは
ゼファーの名に惹かれた人が片っ端から買って入ったとしか
思えません。

こうなってはもはやゼファーは只のネイキッドの流行ではなく
        伝 説    と化したと言えるでしょう。

皆、バイクを愛する人が金持ちである訳がありません。
皆、バンク命のサーキット野郎でもありません。
普通の自分の手に余るバイクが欲しいのだと考えられます。
[PR]
by SS992 | 2008-02-25 15:44 | 書籍

350.お姫様やーい。KTM RC4 ガッカリ・・・

KTM RC4の新スケッチが入りました。
b0076232_7394567.jpg

ナンジャコリャ



純白のお姫様はどこへいってしまったのでしょう。
b0076232_7474020.jpg

鎧に身を固めた女戦士は討ち死にしちゃったのでしょうか?
b0076232_7491448.jpg

ガッカリです。
でもこれで諦めが着きましたが,良かったのか悪かったのか・・・。
[PR]
by SS992 | 2008-02-24 07:40 | 憧れだった美女達