「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

741.オーヴァー・レーシングの挑戦 (1) (直4編)

 2月初めから不調になり、やっと少し回復して来たので更新します。

例年、春は不調になるのですが今年は特に長いです。(もう梅雨ですよ。梅雨

 まだあまり回復していないのですが、FWSの開発に携わった方からコメントを頂き、少し力が出ました


 そこで私の大好きな単気筒車を中心にレーサーを開発しているオーヴァー・レーシングの活動
振り返ってみたいと思います。

 現オーヴァーフォールディングス代表佐藤健正氏1972年本田技研鈴鹿製作所に入社、

その後、モリワキ・エンジニアリングに引き抜かれ、更に1982年には独立してレーシングガレージ設立
技術畑を一直線に走ってきました

そんな彼がやりたかったのはやはりレース

独立して3年後1985年には初めてのオリジナル・フレーム車鈴鹿8耐に参戦しました。

   「OV-01」 (1985年)
b0076232_18521564.jpg

当時のTT-F1仕様 アルミ角フレームCBX750のエンジンを搭載。

(後述の「OV-05」の製作年度が1984年なので製作そのものは1984年以前と思われます。)

「OV-02」~「OV-04」データが見つからないのでどんなバイクだったのか、判りません
(存在しなかった可能性大です。)

 「OV-06」~「OV-09」までの車両はデータが少ないのですが、FZ750ベース
全日本選手権出場を目的とした車両でした。
 「OV-06」 (1986年)
b0076232_447218.jpg

 「OV-07」 (1987年)
b0076232_450131.jpg

FZ750は鉄フレームですが、「OV-07]アルミ・ツインスパーフレームに変わっています。
また、ガソリンタンクの形状が特異です。(燃料容量の確保が目的?)
シート・レールの形状も現在のレーサーと同じく最小限度の物になっています。
「OV-08」~「OV-09」は同じくFZ750ベースのレーサー全日本選手権出場車両ですが、画像が
ありません


この後、オーヴァー・レーシング新しい可能性を求めて直4以外のエンジン形式を追求し始めます。

                                               『(2)「単気筒 編」へつづく』

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )







 
[PR]
# by SS992 | 2012-06-13 21:00 | レース

740.竜の卵(4) ノートン・クラシック

 一番最後にREバイクを扱ったのは皮肉にも英国の老舗、ノートンでした。

 ノートン・クラシック (1988年式)
b0076232_7115740.jpg

仕様: 空冷2ローター 588cc

最高出力:  80ps/9000rpm

最大トルク: 6.98kgf/7000rpm

最高速度: 200km/h

車両重量: 229kg

バン・ビーンから更に10年の歳月が流れているのでエンジン周りはより洗練されている様にみえます。
b0076232_7543465.jpg

b0076232_7544790.jpg

b0076232_755246.jpg


特徴的なボックス状フレーム
b0076232_759214.jpg

ノートンのフレームと言ったらフェザー・ベッドと呼ばれたダブル・クレードルの物が有名ですが
RE車ではその伝統を捨てていました

RE車を扱っていた時代のノートンは通常のレシプロ・エンジンのバイクをほとんど作っていません。

これは1960年代のノートンが持っていた重大な問題と関係がありました。

それは大排気量パラレル・ツイン(360°クランク)・エンジンを積んでいた事に起因する振動問題でした。

この問題を解決する為に今のスクーターのエンジン搭載方式の様なアイソラスティック機構と言う方式まで
採用していました。 (接合部はラバー・マウント)
b0076232_8145764.jpg


基本的に振動問題の少ないREノートンにとって他社よりもより魅力的に感じられたのではないでしょうか?

しかし、他社も悩まされた冷却問題や重量問題、ひいては高価格といった問題はノートンと言えども
無視出来ず、また、この当時販路の無い事も大きなマイナス要素となってノートンのREは消滅しました。

 ノートン F1 (1991年式)
b0076232_1863538.jpg

仕様: 水冷2ローター 

排気量: 588cc

最大出力: 95ps

車重: 192kg

価格: 450万円

当時としてはかなりの高性能でしたが価格がこれほど高額では売れるはずもありませんでした。

こうしてRE車はメーカーとユーザーそれぞれに夢と挫折を残して消え去りました。

しかしレシプロ・エンジンの技術の熟成に多大な貢献をしたと思われます。

REの技術は決して無駄には成らなかったのです。
                                                      (この項了

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-02-12 21:00 | 憧れだった美女達

739.竜の卵(5) バンビーンOCR1000

 バンビーンは我が国ではさほど有名ではないバイクメーカーですが、欧州では知らぬ者はいない
有名なオランダの会社
でした。

1973年、時代の流れに乗る様にバンビーンREバイクを企画しました。

彼等が選んだエンジンはシトロエンGS 2ローター 996cc エンジン(107hp)でした。

試作車はエンジンが四輪用である事も手伝ってかなり大柄になりましたが、これがかえって好評を得、
バンビーンは製品化を決意しました。

 バンビーン OCR1000 (1977年式)
b0076232_17543161.jpg

仕様: 排気量 996cc (2ローター式)

     最高出力 100ps/6500rpm

     最大トルク 13.8kgm/3500~5000rpm

     最高速度 200km・h以上

     車両重量 345kg

エンジンは元々四輪車用だったので構造などに無理は感じられません。
b0076232_1851447.jpg

b0076232_1852738.jpg

排気管の冷却方式はスズキRE5と同じ形式を取っていました。
b0076232_187471.jpg


大柄な車体を売り物にしていたバンビーンOCR1000ですが大きな問題を一つ抱えていました。

ナンバー取得オランダでは出来なかったのです。

結局、西独(もはや死語)ドュデルスタット新工場を構えました。
b0076232_18164065.jpg

最高出力こそBMW K100と同じ100hpでしたが最大トルクは倍以上あり、
その先行きは開けたかに見えましたが、スズキRE5も悩まされた量産化に向けての改良で重量が増えると
いう問題が行く手を阻みました。

試作段階での車重は270kgでしたが生産仕様の装備重量では330kgにもなってしまいました。

OCR1000のためだけに新工場を用意しなければならなかった事は当然、生産コストに跳ね返り、
バンビーンOCR1000は非常に高価なバイクとなってしまいました。

高価で重量過大なバイクは流石にアメリカでも売れず、その生産台数は僅か37~48台と言われています。

テスターに異次元の乗り味とまで言わせしめた異端の竜はここにその生涯を閉じたのです。
                                                     (この項続く

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-02-06 21:00 | 憧れだった美女達

738.竜の卵(4) スズキ RE5

 前回予告したスズキRE51974年に上市されました。

 スズキ RE5 (1974年式)
b0076232_9445970.jpg

【仕様】 水油冷シングルローターRE 497cc

      最高出力 62ps/6500rpm  最大トルク 7.6kgm/3500rpm

      乾燥重量 230kg

      デザイン ジウジアーロ

ジウジアーロのこのバイクに対するコンセプト筒型でした。
b0076232_119588.jpg

それが一番良く表れていたのが茶筒と呼ばれたメーター・ボックスでした。

このバイクが国産で唯一量産されたRE搭載市販バイクでした。

前回取り上げたYAMAHA RZ201 や KAWASAKI X99 に比べると
エンジン部分がずっと複雑です。
b0076232_10103086.jpg

 RE5 エンジン左
b0076232_10122691.jpg

 RE5 エンジン右
b0076232_10134634.jpg

ヤマハカワサキ車のエンジンが普通のバイクと遜色のないコンパクトさに纏まっているのに比べ、
スズキ RE5のエンジンはまるで動物の贓物を思わせる複雑な姿をしています。

これは単に見た目だけのものではなく、REの欠点を補っていった結果、補機類の塊になってしまった結果です。

冷却系も高い発熱量に対応して水冷を採用していますが、そのラジエター容量
通常のバイクより大きな物が必要でした。

比較的コンパクトな車体に対し不釣合いな位、大きなラジエターを装備しています。
b0076232_10253576.jpg

ローターやエキセントリック・シャフトは油冷を採用したため複雑なオイル循環経路を持ちます。
(純粋な潤滑目的のオイル潤滑方式はウエット・サンプでした。)

RE5市販車とするために行った工夫排気系にも見られました。
b0076232_10363080.jpg

エキゾースト・パイプの前端にメッシュがかけられた開口部があります。

これは内臓された本当のエキゾースト・パイプを走行中、ラムエア・システム強制冷却するための
ものなのです。

今まで見てきた様に、REをバイクに装備するのは比較的簡単に出来ても、それを市販車として熟成させてゆくと信頼性の向上のためメカニズムがどんどん複雑になり、RE本来のシンプルさや軽量さが失われてゆく結果と
なりました。

 RE5500ccクラスでしたがREをレシプロエンジンに換算した時の排気量は750cc相当となり、
当然、その性能750ccクラスを狙っていました。

しかし、実現出来た最高出力は62ps/6500rpm装備重量は250kgを超えてしまって最高速度
190km/hがやっとという状態では人気が出るはずも無く生産は終了しました。

それでも内外合わせて6000台売ったというのは良く健闘したと私は思います。

スズキ RE5が不調に終わったのは国内自主規制排気量の750ccに拘ったからではないでしょうか。
b0076232_11115134.jpg

 次は750ccの排気量に拘らなかったバン・ビーンノートンについて取り上げてみます。
                                                     (この項続く

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-01-18 21:00 | 憧れだった美女達

737.竜の卵(3) 孵れなかった竜達

 国産4大メーカーはもちろんREの開発を行いましたが、HONDAは研究程度
YAMAHAとKAWASAKI試作車どまり、唯一、スズキのみが量産車の販売に漕ぎ付けました。

スズキについては次回に譲り、今回はYAMAHAとKAWASAKIの試作車について語りたいと
思います。

 YAMAHA RZ201 (1972年東京モーターショー)
b0076232_11391871.jpg

【仕様】 水冷2ローター660cc 
     最高出力68hp/6500rpm 最大速力190km/h

YAMAHAヤンマーディーゼルと提携してエンジン開発を依頼しました。

その結果、もともとのヴァンケル・ロータリーとは一味違う物になりました。

上画像のシート上、壁面にREの構造概念図(?)が見えます。
b0076232_1212592.jpg

市販を視野に入れた東京モーターショーでの発表でしたが提携したヤンマーでエンジンの信頼性の
確保がなかなか出来ず、おり悪くオイル・ショック
が重なってお蔵入りになってしまいました。

 KAWASAKI X99 (1974年 実走テスト車)
b0076232_12323727.jpg

KAWASAKI1972年NSUとライセンス契約を結び、開発資料を入手しています。

1974年には2ローター896ccのREを試作、ベンチテストで70ps/6500rpmを出しました。

その後の改良で目標値の85ps/6500rpmを達成しました。

直後に実車に搭載して日本自動車研究所高速周回路(谷田部コース)で実走テスト
しています。

しかし、1975年、ここまで順調に来た開発は理由は解かりませんが一時保留となり中止されました。

私が見るとYAMAHA RZ201KAWASAKI X99は後述するスズキRE5に比べて完成度が高い様に
見えます。

しかし当時のスズキの技術がヤマハやカワサキに比べて劣っていたとは考えられません。

ここまで形にした後、実際に市販車にまで仕上げるのが非常に大変だったと考えるのが順当でしょう。

次回は唯一のRE市販国産車スズキRE5でその辺りを見てみたいと思います。
                                                          (この項続く

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-01-14 21:00 | 憧れだった美女達

736.竜の卵(2) ハーキュレス W2000

 世界初の市販ロータリー・エンジン2輪車は西独のハーキュレスW2000です。

 ハーキュレス W2000 (1973年式)
b0076232_16175352.jpg

【仕様】 強制空冷シングル・ローター 294cc 

     最高出力 27ps/8500rpm 

     最大トルク 3.5kg/4500rpm

     最高時速 140km/h

     車重 160kg

当時でも決して突出した性能ではありませんでしたが、そのエンジン・フォルムは新しく、ワクワクするものを
感じさせてくれました。

b0076232_16294413.jpg

エンジンはフィヒテル・ウント・ザックス製 KM914 汎用REをアレンジして搭載していました。

専用のエンジンでなく汎用のものでこの性能が出せたのですからやはりRE可能性に満ちていました。

b0076232_16434417.jpg

b0076232_16474286.jpg


ジェット機の空気取り入れ口を思わせる強制冷却空気取り入れ口を持つW2000 (カッコイイ!!)
b0076232_1651275.jpg


b0076232_1653296.jpg

当時、高校生だった私はこのエンジン・フォルムに痺れまくったものでした。
                                                     (この項続く
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-01-10 21:00 | 憧れだった美女達

735. 竜の卵 (1) ロータリー・エンジンの誕生

 マツダ(旧東洋工業)の看板として有名なロータリー・エンジンは着想は古く、
1588年にイタリアのラメリーによるロータリーピストン式揚水ポンプが記録に残っています。

b0076232_1122446.jpg

その後、蒸気機関の一種として研究され、蒸気機関の父ジェームス・ワットも開発を試みましたが
失敗、彼が発明したレシプロ式蒸気機関には気密性、耐久性の点で遠く及びませんでした。

その後1938年にフランスのサンソー・ド・ラブーによってロータリー機関の理論飛躍的に
進歩
しましたが、やはり気密性や冷却性に問題があり実用化には到りませんでした。
b0076232_1117462.jpg

1924年、ドイツのフェリックス・ヴァンケル技師(当時20歳)はレシプロ・エンジン往復運動を
回転運動に変換
しているのは非効率であり、エンジンは回転運動のみで完結させるべきだと考えました。
b0076232_11262525.jpg

彼はピストンやバルブの往復運動は高速運転の妨げであり、コンロッドやクランクといった変換機構は
余分なスペース
を生じさせていると考えたのです。
b0076232_1131422.jpg

ヴァンケル・ロータリーが如何にシンプル・コンパクトであるか判ります。

また作動工程も4stより2stに近く、エンジン1回転につき1回の爆発を実現しています。
b0076232_11374152.jpg

かつエンジン作動の各工程を厳密に区分する事が可能なので2stの問題点である混合気の吹き抜けの
問題も吸排気口の位置の工夫によって避けることが出来ました。
         (上の理論図のままでは吹き抜けが起こります。)

しかも出力実排気量の2倍相当の高出力が得られました。

この様にロータリー・エンジンは4stと2stの良いとこ取りをしたエンジンの様に見えました。

しかし、実際は潤滑の問題でガソリンに潤滑油を混ぜる2st方式を取らざるを得ず、排気ガスが汚い
四輪にも共通する事ですが、燃費が悪い排気ガスがマフラーを赤熱させるほど高温であると
いった実用車とするには色々と解決しなければならない問題を抱えていたのでした。

                                                     (この項続く
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-01-06 21:00 | メカ談義

734. あけましておめでとうございます。

 今年辰年バイク界の龍といったら今年はこれでしょう。

 kawasaki ZX-14R (2012年式)
b0076232_1530590.jpg

排気量からいえばもっと大きいモデルもあるのですが、ZX-14Rはそのフォルムといい、
面構えといい、ドラゴンの呼び名が相応しいバイクです。
b0076232_15413431.jpg


またその骨格市販車初のモノコック・フレームZZR1400から受け継ぎ、まさにドラゴンらしい骨格を
持っています。
b0076232_15444313.jpg

b0076232_1545571.jpg

その太く力強い排気管から吐き出されるブレスはあたりに轟きわたrます。
b0076232_1661044.jpg

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2012-01-01 00:00 | アイサツ

733.DUCATI GP12はどうなる? (3) 新たなる挑戦

 2011年DUCATIのMotoGPチームにとって新しい試みの年でした。

2012年からMotoGPマシンの排気量の上限が1000ccに変るからです。


2011年の ラウンド1 カタール戦ではまだ2010年式のマイナー・チェンジでしたが、

 DUCATI デスモセディッチ GP11 (2011年式 800cc Rd1 カタール戦)
b0076232_1756963.jpg

GP9からのカーボン・フレームに加えGP10からはスイング・アームもカーボン製になっています。


ラウンド7、オランダ戦からは1000ccのGP12用シャーシを投入しました。

 DUCATIデスモセディッチGP11 (2011年式 800cc Rd7 オランダ戦)
b0076232_1823798.jpg

GP11はまだ800ccで戦われますが、シャーシだけは1000cc用を用い、エンジンは1000ccを800ccに
縮小したものを用いて先行開発を行った様です。

MotoGPレースでは使いませんでしたが、欧州で繰り返し行っている1000ccマシンのテストでは
他社も用いているツイン・スパー・フレームもテストした様です。
b0076232_8175513.jpg


また、ラウンド14 アラゴン戦からはカーボン・フレームをやめ、アルミ製フレームに変りました。

 DUCATI デスモセディッチ GP11 (2011年式 800cc Rd14 アラゴン戦)
b0076232_18374581.jpg

横からでは判りませんがフレームは確かにアルミ製に変っています。
b0076232_18242045.jpg

カウルを剥いだ画像が無いので1199パニガーレの予想画像を載せておきます。
b0076232_18285222.jpg

ちょうど新アルミ製フレームもこんな感じだと思われます。

そしてまるでアルミ・ツインスパー・フレームの様なバーが側面にあります。
b0076232_1849273.jpg

ただし、このバーはスイング・アーム・ピポットには繋がっていません
b0076232_1853593.jpg

私はこのアルミ製フレームは最終的にはカーボン製の物に変えられると思っています。

カーボン・フレームは製作に時間が掛るのでその欠点を補うためのアルミ・フレームなのです。

また補強バーがあるのもアルミ・フレームでは不足する剛性を補うためと考えます。

そしてこの補強バーを使いこなすノウハウを手にしておけばカーボン・フレーム使用時にも剛性を自由に
コントロールする事
が出来ます。

単純なアルミ・ツイン・スパー・フレームもテストはしている様ですが、私はあくまでカーボン・フレームが
本命
と考えます。

1199パニガーレの予想図にカーボン・フレームの物がありましたが、これが目標形態でしょう。
b0076232_19141710.jpg

早く2012年のシーズンになって1000ccのデスモセディッチGP12の姿を見たいものです。
                                                         (この項了
(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2011-12-29 20:50 | レース

732.DUCATI GP12はどうなる? (2) モノコック・フレームへのこだわり

 2009年、DUCATIは革新的な構造デスモセディッチGP9に採用しました。

 DUCATI デスモセディッチGP9 (2009年式 800cc)
b0076232_1430361.jpg

カウルを纏っている状態では判りませんが、カウルを剥ぐとそれが判ります。
b0076232_1433233.jpg

カーボン製のエアクリーナー・ボックスステアリング・ヘッドを支持しているのです。
b0076232_14364682.jpg

これは明らかに一種のモノコック・フレームです。

四輪の世界、F1では当たり前になっているモノコック・フレームですが、
二輪の世界ではJPノートンHONDA NR500位でした。

 JPノートン (1973年式 750cc 初期スーパー・バイクレーサー)
b0076232_14522676.jpg

b0076232_14552372.jpg

この形態ではほとんどツイン・スパー・フレームと変りません。

 HONDA NR500(1979年式 500cc)
b0076232_15145069.jpg

b0076232_1515910.jpg

カウルがフレームになっているのが判ります。

JPノートンと比べればNR500は進歩していますが、デスモセディッチGP9と前二者には大きな違い
ありました。

それはエンジンフレームで包み込まれているか否かです。

デスモセディッチGP9はエンジンを車体応力部材として有効活用すると同時に外部からエンジンに
アクセス
する際の煩雑さが他社のツイン・スパー・フレームのマシンと変らないのです。

JPノートンやNR500はエンジンがフレームに包み込まれているため、この点で苦しみました

しかし、デスモセディッチGP9、GP10とも結果を出せずに終わりました。

一つにはエース・ライダーのケーシー・ストナーライディング・スタイルが他者と大きく異なっており、
マシンがほとんどストナー専用車と化してしまったのも勝てない要因の一つと言われていました。

ですが、ストナーがHONDAへ移籍した2011年も結果を出せずに終わろうとしています。

ここに到ってDUCATIもこの車体構成変える試みを行っています。

次回はDUCATI2012年をどの様なマシンで戦うのか、考察してみようと思います。

(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
[PR]
# by SS992 | 2011-12-25 20:50 | レース