「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

462.ドカティSSのカスタムのとモンスターの方向性

いままで色んなバイクのカスタムを紹介してきましたが
ドカティのSSシリーズとモンスターのカスタムの方向性に
真逆の関係がある事に気付きました。

  SS900(スタンダード)
b0076232_11191049.jpg

  SS992  ドウカッティ福岡
b0076232_1120570.jpg

  SS900 L&M(ライディングハウスカスタム)
b0076232_11224381.jpg

  SS1000DS改
b0076232_11205351.jpg

SSのカスタムは基本的にカウルを外して軽量化する事の様です。

  それに対しモンスターの方はビキニ・カウルからセミ・カウルを纏い、
走行時の空気整流が目的の様です。
  M900(スタンダード)
b0076232_11451839.jpg

  S4R ライディング・ハウス 
b0076232_11471852.jpg

  M900 ライディング・ハウス
b0076232_1149131.jpg

  M900S4 ガルーダ
b0076232_14325118.jpg

ビキニ・カウルを纏っていますが、車体本体はかなり覆われて
フル・カウルに近くなっています。


車体を覆うセミ・カウルを持ったカスタムは殆どSSとモンスターの区別がつかなくなっています。
  M900 RSアカイシ
b0076232_1351032.jpg

  SS900ie RSアカイシ
この2台など幾ら製作したのが同じショップだとはいえ殆ど同じに見えます。
b0076232_8205335.jpg

  M900  レーサー仕様の他はノーマル
b0076232_147364.jpg

  M900S4 ラベッツェリア鈴鹿8耐仕様
b0076232_14303761.jpg

  M800 S2R ロケット・カウル仕様
b0076232_14411990.jpg

  M900  ハーフ・カウル仕様
b0076232_14421877.jpg

  M1000 S4R ハーフ・カウル仕様
b0076232_14434147.jpg

SSとモンスター、SSはサーキット使用を目指して軽量化を図りカウルを外すカスタムが主流となり、
モンスターは最少限度のカウルを装着し、ネイキッド・スタイルを抜け出すカスタムが行われている様です。
結果どちらのカスタムも類似したスタイルとなってしまいました。
[PR]
by SS992 | 2009-05-19 10:58 | メカ談義