人気ブログランキング |

「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

554.ノートンの歴史はバイクの歴史 残光

 1972年ノートンはインペリアルタバコ社をスポンサーに米国デイトナ200マイルレースに出場しました。
750ccを超えるスーパー・バイクのレースは注目の的であり、結果を残せれば最大級の宣伝となるはずでした。

しかし、当時のノートンには最早、新エンジンを開発する力はなく、空気抵抗の軽減、車重の軽量化と
ハンドリングの向上
日、伊の強豪と勝負するしかありませんでした。
その結果、生まれたのが少しでも低重心化し、ハンドリングを良くするためのパニア・タンク
G・スタイル・フレームでした。

ノートン JPN ”Gスタイルフレーム” 1972年
b0076232_11391842.jpg

このガソリン・タンクは通常よりズッと低い位置に振り分けられて設置され、まるで馬の鞍の様に見える事から
パニア・タンクと呼ばれたのです。
b0076232_1214394.jpg

もちろん、振動軽減のため、アイソラスティック機構(553.参照)も採用していました。

Gスタイル・フレームの特徴は通常のダブル・クレードル・フレームに加え、ヘッド・パイプとシートを
繋ぐ太いメインパイプがある事です。
b0076232_6435528.jpg

この辺り、エグリ・フレームの要素が取り入れられているのかもしれません。
このパイプを中心とし、ガソリンタンクが左右に振り分けられているのです。

エグリ・ビンセントのエグリ・フレーム
b0076232_6441351.jpg

ブランズハッチのハッチソン100マイルレースではポールスマートが駆るDUCATI F750を打ち負かし、
潜在能力の高さを示しました。

私はこの目の覚める様な青色のJPN”Gスタイル・フレーム”レーサーが特に好きです。
まるでマン島TTレースで活躍したノートンの最後の輝きが込められている様です。
by SS992 | 2010-01-28 21:58 | メカ談義