人気ブログランキング |

「峰風」とともに

minekaze.exblog.jp
ブログトップ

2011年 05月 07日 ( 1 )

672.新生V4 ー アプリリア RSV4 ー

 スーパー・バイク・レースと言うとDUCATIの活躍が印象深い人が多いと思いますが、DUCATIは2011年以降しばらくスーパー・バイクでは活動を休止する様です。

 DUCATI 1098 (2010年式)
b0076232_4564162.jpg


変って2010年には同じイタリアのアプリリアが活躍しました。

 アプリリア RSV-4 (2010年式)
b0076232_524063.jpg

さてこのアプリリアのマシンですが、エンジンはV4です。

前回まででV4直4にとって変られたかの様な印象を持った人が多いと思われますが、実は少し事情が
違うのです。

一世を風靡した旧世代のV4VFR750RR(RC30)などはシリンダー・バンク角が90°のV4でした。

 HONDA VFR750R (RC30) (1973年式)
b0076232_517096.jpg

バンク角が90°のV4、V2エンジンは一次振動を0に出来ると言う多大なメリットがありました。
 RC30のエンジン 90°V4
b0076232_5234064.jpg

しかし、反面、エンジンの前後長が長くなりスイング・アームを長く設定出来ない宿命を負っていました。

アプリリアは新型レーサーを開発するにあたり、90°V4の多大なメリットである一次振動の除去を捨ててシリンダーのバンク角を65°に設定、エンジンの前後長を短くする事に成功しました

 RSV4のエンジン 前後方向に押し潰された様な印象を受けます。
b0076232_5303995.jpg

これによりRSV4ホイール・ベース長を伸ばす事無く、スイング・アーム長を確保する事に成功しました。

 HONDAやSUZUKIMotoGPマシンではV4を採用していますが、
どちらも90°V4ではなく、もっとバンク角の狭いV4になっています。

 HONDA RC212V (2010年式)
b0076232_5514054.jpg

 SUZUKI GSV-R (2010年式)
b0076232_5522918.jpg

今現在、新生V4のレプリカは アプリリア RSV4 のみで寂しい限りですが、
現在のバイク市場の冷え込みと直4エンジンのコンパクト化が進んでV4と大差ない幅を実現してしまった
今、仕方の無い事なのかもしれません。

アプリリア RSV4
b0076232_683167.jpg

私としてはスーパー・バイクのワークス活動を休止してまで新しい技術に挑戦しようとしているDUCATIに期待する所が大きいです。
                                                        ( この項了 )


(クラシック・バイク・ブログ 「クラシックで行こう!」 はこちらから )
by SS992 | 2011-05-07 21:00 | メカ談義